サービス終了のお知らせ
マフムード・アフマディーネジャード
▼人気記事ランキング
2.経歴
2.2.イラン革命後
それからアルダビール州知事に当選する1997年までのアフマディーネジャードの経歴については謎が多く、大統領就任後の現在でも不明瞭な部分が大きい。イラン革命後はイラン学生同盟に参加してイスラム主義の学生運動に参加[9]、イスラム社会主義を掲げるモジャーヘディーネ・ハルグに共鳴した学生達へ対抗した[9]。またアゼルバイジャンとの国境である東アゼルバイジャン州で政府組織に関わり[10]イランアメリカ大使館人質事件にも関与した疑惑が存在する。ただし後者はアメリカとイランの双方が否定している。

イラン・イラク戦争では革命防衛隊に志願して諜報部の職員として従軍していたと考えられている[11]。だがアフマディーネジャードの大統領顧問を務めた革命防衛隊の高官サマレ・ハーシェミーは「彼は協力者ではあったかも知れないが、革命防衛隊の諜報組織に在籍した記録はない」と述べている[32]

学業については途中で休学を挟みながらも継続的に教育を受けた。1986年に修士課程を修了した後、1989年に大学の教員として雇用されている[8][33]。アルダビール州知事時代の1997年には都市計画についての論文を提出して工学博士号を授与されている[8][11]

[4]前ページ
(2.1.出自)
[6]次ページ
(2.3.政界進出)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/24 15:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/20 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位岡崎美女
 4位黒谷友香
 5位2月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant