サービス終了のお知らせ
マフムード・アフマディーネジャード
▼人気記事ランキング
8.補足
2007年9月 - ニューヨーク訪問の際にグラウンド・ゼロに訪れたいとの要望に対してアメリカ政府側は警備上の都合により見合わせてほしいと回答し実現しなかったが、コロンビア大学の講演は行うことができ、その際にイランには同性愛者はいないと発言し参加者の学生から失笑とブーイングをかった。アフマディーネジャードは普段は笑顔を見せることがあまりないがこの講演の際は笑顔を見せていた。
2010年9月 - 国連総会出席のため、訪米した際にCNNの番組であるラリーキングライブに出演した。
ネクタイをしない。これはネクタイが西洋的で反体制的という考えからイランでは忌み嫌われているからであり、アフマディーネジャードに限ったことではない。それ以前は個人的に着用することは黙認されてきたものの、2012年5月以降本格的な規制が始まり、服飾店からネクタイの姿が消えることになった[166]
2012年6月ドイツメディアの取材で「大統領退任後は学問の世界に戻る」と述べ、2013年に政界を引退する意向を示した[167]
[4]前ページ
(7.人権)
[6]次ページ
(9.関連項目)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/24 15:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant