マダガスカル
懸賞|血液型占い|心理テスト
まとめ買いで送料無料!
重たいドリンクはお得にまとめ買い
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
9.文化
9.1.伝統文化
マダガスカル内に存在する多数の民族的サブグループはそれぞれ、歴史的に独自の存在だという意識を獲得することを可能にした自分たちの信仰や生活様式にこだわる。しかしながら、島全土に普遍的に見られる文化的特徴も数多く存在し、それらはマダガスカル人の文化的アイデンティティを強く結びつける核となっている。マダガスカル人の伝統的な世界観は、全国的に通じる言語の存在、創造神と先祖崇拝を中心とした伝統宗教の共有に加え、「フィハヴァナナ(fihavanana, 団結)」「ヴィンタナ(vintana, 運命)」「トゥディ(tody, 一種のカルマ)」「ハシナ(hasina, 人に権威を持たせる神聖な生命の力)」などに重きを置く価値観により、形作られている。その他、全島的に共通する文化要素としては、男子割礼、強い親族同士の紐帯、まじないの類、貴族・平民・奴隷に分かれる社会身分階層(植民地期に廃止)がある。[13][147]
社会身分制度は法的には廃止されたが、出身階層を同じくするもの同士のつながりは続いており、社会的地位、経済上の機会の多さ、コミュニティ内での役割などに影響を与えている[152]。マダガスカルには、アラブ伝来とされる占星術体系に基づいて星占いを行う「ムパナンヂュ, Mpanandro」と呼ばれる占い師が昔からいる。ムパンナヂュは、婚礼の日取りや「ファマディハナ, famadihana」の日程など、重要な行事に対して最も縁起のいい日はいつかといった相談を受ける。同じように、植民地化される前のマダガスカルにおける多くの共同体においては、「ウンビアシ, ombiasy」として知られる助言者が貴族に雇われていたものであった。「ウンビアシ」は、有徳人を意味する「ウルナ・ベ・ハシナ, olona-be-hasina」から来た言葉で、南東部に住むアンテムル族に属する。彼らは先祖をさかのぼると最初のころのアラブ人移住者に行き着く者たちであった[153]
マダガスカル文化の多様な起源は、器物や住居を通してみるとと明らかである。マダガスカルの最も象徴的な楽器である「ヴァリハ, valiha」は、最初期の移住者たちが南ボルネオからマダガスカルに運んできた竹筒に弦を張ったチターである。これと極めてよく似たかたちの楽器が今日でもインドネシアやフィリピンで見られる[154]。伝統的なマダガスカルの家屋は、高く尖らせた屋根と中央の支柱を持った方形の間取りを特徴としており、その建築の様式や象徴体系の観点から見ると、やはり南ボルネオの家屋によく似ている[155]。また、墓が先祖崇拝の広がりを反映して多くの地方で文化的に重要である。生者の住む家よりも墓のほうが長持ちするように、石などの素材で建設される傾向にある。墓に施される装飾が生者の住む家よりも丹念なものであることも多い[156]。絹の生産と絹織りの開始は、島に最初の定住民に遡ることができる。また、マダガスカルの国民的な正装とでも言うべきランバ (まとい布)は、さまざまに分化し、芸術にまで昇華している[157]
東南アジア文化の影響は、マダガスカルの食文化にも見られる。マダガスカルでは毎回の食事に米飯が食され、それにいろいろな種類の香り豊かな野菜料理か肉料理が一品つくのが普通である[158]。マダガスカルの米の消費量は、日本の約2倍に及ぶ[159]。アフリカ文化の影響は、家畜のコブウシ(ゼブ)が神聖視されることや、所有者の富が飼っているコブウシの数で体現されることに見られる。これらの伝統はアフリカ大陸に起源を持つものである。牛泥棒はもともと、最も多くウシの群れが飼育されているマダガスカルの平野部における若者の通過儀礼であったが、牛飼いたちがウシを取られまいとして槍で武装し、盗む側も専業化して武装を強化するにつれ、非常に危険で、時には生死を賭した試みになった[42]。流通している肉は、牛肉が最も多く安価であり、豚肉の方が高価である。また、は家庭で良く飼われているが、あまり食用にはせず、そのため鶏肉はさらに貴重である[159]
星座占い|愛内里菜|姓名判断
霊感|恋愛占い|ほくろ除去
毎日更新!楽天ランキング
最新売れ筋商品が一目瞭然!
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(8.3.宗教事情)
[6]次ページ
(9.2.芸術文化)

13. Metz, Helen Chapin (1994年). “Library of Congress Country Studies: Madagascar”. 2011年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月1日閲覧。
42. Campbell, Gwyn (1993). “The Structure of Trade in Madagascar, 1750?1810”. The International Journal of African Historical Studies 26 (1): 111. doi:10.2307/219188. 
147. Bradt (2011), pp. 13?20
152. Middleton (1999), pp. 259?262, 272, 309
153. Ames (2003), p. 101
154. Blench, Roger (1982). “Evidence for the Indonesian origins of certain elements of African culture”. African Music 6 (2): 81?93. JSTOR 30249759. 
155. Kus, Susan; Raharijaona, Victor (2000). “House to Palace, Village to State: Scaling up Architecture and Ideology”. American Anthropologist, New Series 1 (102): 98?113. doi:10.1525/aa.2000.102.1.98. 
156. Acquier (1997), pp. 143?175
157. Kusimba, Odland & Bronson (2004), p. 12
158. Bradt (2011), p. 312
159. “消費量は日本の2倍! 実はお米大国マダガスカルのワンプレート料理”. ナショナルジオグラフィック. (2016年8月25日). http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/15/352321/081900012/ 2016年10月1日閲覧。 

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/08/07 13:30
霊視|スピリチュアル|無料占い
夢占い|内職|無料相性占い
ソ人気記事ランキング
2017/08/24 更新
 1位島田紳助
 2位七條慶紀
 3位小野道好
 4位山本美香
 5位花咲徳栄高等学校
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant