マダガスカル
▼人気記事ランキング
8.人口構造
2011年時点で、15歳未満が総人口に占める割合は42.5%、15歳から64歳までは54.5%、65歳以上は3%である[122]。国勢調査は独立後、1975年と1993年の2回しか実施されていない。マダガスカル島で最も人口稠密な地域は、中央高地東部と東海岸部であり、人口希薄な西側平野部と鮮やかな対比を見せている[13]。2012年現在、マダガスカルの人口は2200万人と見積もられている[8]。1年間の人口増加率は2009年時点で約2.9%である[7]。1900年時点の人口推計は220万人であった[13]
[4]前ページ
(7.2.教育制度)
[6]次ページ
(8.1.民族構成)

7. Bureau of African Affairs (2011年5月3日). “Background Note: Madagascar”. U.S. Department of State. 2011年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月24日閲覧。
8. Central Intelligence Agency (2011年). “Madagascar”. The World Factbook. 2011年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月24日閲覧。
13. Metz, Helen Chapin (1994年). “Library of Congress Country Studies: Madagascar”. 2012年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月1日閲覧。
122. AFDB, OECD, UNDP, UNECA (2011年). “African Economic Outlook 2011: Madagascar”. AfricanEconomicOutlook.org. 2012年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月28日閲覧。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/12/10 15:00
ソ人気記事ランキング
2018/01/20 更新
 1位三毛別羆事件
 2位石狩沼田幌新事件
 3位有安杏果
 4位1月19日
 5位ルパン三世 カリオストロの城
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant