マダガスカル
さそり座|フレッツ光|縁結び
まとめ買いで送料無料!
重たいドリンクはお得にまとめ買い
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
6.経済
6.2.概況
2009年のマダガスカルの国内総生産(GDP)の推計値は、86億ドル、国民一人当たり438ドル[7]。人口のおよそ69%が、1日あたり1ドルの国民貧困線以下で暮らしている[121]。2011年時点で、農業部門はGDPの29%を構成し、製造業は15%である。経済成長の動力源は、観光、農業、天然資源抽出型産業である[122]。観光業は、ニッチがあるエコツーリズム市場に注力しており、マダガスカルの特色ある生物多様性、自然を破壊しない暮らし、国立公園、原猿類に投資している[123]。2008年には推計365,000人の観光客がマダガスカルを訪れたが、政情不安が原因で2010年には推計180,000人に減少した[122]。2015年の経済成長率は年率3.1%で、人口増加率をかろうじて上回ったにすぎなかった[2]。また、中華人民共和国との間の貿易が爆発的に増加し、貿易総額が1,010百万USドルに達した。独立来最大の貿易相手国であったフランスとの間の貿易総額は746百万USドルとなり、貿易首位国のはじめての交代を経験した。
輸出部門は2009年時点で国民総生産GDPの28%を占める[7]。国家輸出収入の多くは、繊維産業、魚介類、ヴァニラ、丁子、その他の食品から得られるものである[122]。マダガスカルの貿易相手国は、フランスが主であるが、アメリカ、日本、ドイツもまた強い経済的結びつきを有する[12]。2003年5月にマダガスカルの軽工業における熟練生産者とアメリカ合衆国国際開発庁の協力が実を結び、マダガスカル共和国とアメリカ合衆国の間でビジネスに関する協議会が発足、手工芸品の外国市場への輸出の支援が始まった[124]。食料品、燃料、資本財、車両、消費財、電気製品といった輸入品目に対する消費は、GDPの52%を占めると推定されている。主な輸入元は、フランス、中国、イラン、モーリシャス、香港などである[7]
脱毛|結婚|モテ期
相性占い|夢占い|相性診断
ギフト選びなら楽天市場へ
結婚祝い・出産祝い・内祝い…贈るシーン別に探せる♪
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(6.1.経済史)
[6]次ページ
(6.3.天然資源)

2. “IMF Executive Board Approves US$304.7 million Extended Credit Facility Arrangement for Madagascar” (2016年7月28日). 2016年8月6日閲覧。
7. Bureau of African Affairs (2011年5月3日). “Background Note: Madagascar”. U.S. Department of State. 2011年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月24日閲覧。
12. Encyclopaedia Britannica (2011年). “Madagascar”. Encyclopaedia Britannica. Eb.com. 2011年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月25日閲覧。
121. “Madagascar at a glance”. World Bank (2011年2月25日). 2012年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月4日閲覧。
122. AFDB, OECD, UNDP, UNECA (2011年). “African Economic Outlook 2011: Madagascar”. AfricanEconomicOutlook.org. 2012年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月28日閲覧。
123. Christie, Iain; Crompton, Elizabeth (November 2003). Republic of Madagascar: Tourism Sector Study. Africa Region Working Paper No. 63. Antananarivo: World Bank. オリジナルの28 January 2012時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/651T9jMDr 2012年1月28日閲覧。. 
124. “Made in Madagascar: Exporting Handicrafts to the U.S. Market: Final Report”. United Nations Public-Private Alliance for Rural Development (2005年). 2011年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月10日閲覧。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/07/22 11:00
無料ゲーム|賃貸|前世
資格|金融|心理テスト
ソ人気記事ランキング
2017/07/25 更新
 1位小原裕貴 (元タレント)
 2位平尾昌晃
 3位オーロラ銃乱射事件
 4位黒革の手帖
 5位ぼくらの勇気 未満都市
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant