マダガスカル・クーデター
相性占い|ふたご座|現金
ネットでお得にコンタクトレンズ購入
コンタクトレンズ・ケア用品豊富な取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
2.概要
2.6.その後
暫定政府は国際社会から承認を得られず、外交的に孤立した。2010年8月、前年2月の反対集会に対する発砲事件に関与したとして、前大統領マーク・ラヴァルマナナに殺人共謀罪で本人不在のまま終身強制労働刑が言い渡された[13]。ラヴァルマナナは2011年2月に南アフリカからマダガスカルへ帰国しようとしたが、マダガスカル政府当局の妨害から飛行機に搭乗できず断念している[14]。 一方、アンドリー・ラジョエリナを次回の大統領選挙まで暫定大統領とするための憲法改正を問う国民投票が2010年11月に行われ、賛成多数で承認されたが、野党によるボイコットなどで、投票率は約53%と低調であった[15]。またこの際、軍の一部が反乱を起こし鎮圧される[16]など、不安定な政情が続いた。
こうしたなか、選挙による政治的危機の終結に向けたロードマップが2011年9月、関係者の合意を得た。選挙日程は2013年はじめに発表されたが、大統領選挙の一部の立候補者の違法性をめぐって事態は紛糾し、選挙は延期された。これにはアフリカ連合 (AU) や南部アフリカ開発共同体 (SADC) などの国際機構が仲介にあたった。8月に入ると事態は進展をみせ、最終選挙日程が確定した。2013年10月25日に実施された大統領選の第一回投票では、ラヴァルマナナ政権で保健相を務めたジャン・ルイ・ロビンソン候補と、ラジョエリナ政権で財政・予算相を務めたヘリー・ラジャオナリマンピアニナ候補が上位二名による決選投票に進んだ。決選投票は12月20日に行われ、この結果、ラジャオナリマンピアニナが53.49%の僅差でロビンソンを下し、大統領に当選[17]、2014年1月25日に就任した[18]
金融|しし座|無料ゲーム
相性診断|前世占い|心理テスト
まとめ買いで送料無料!
重たいドリンクはお得にまとめ買い
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(2.5.ラジョエリナへの抗議)
[6]次ページ
(3.各国・各機関の反応)

13. “前大統領に終身労働刑 マダガスカル”. 産経新聞. (2010年8月29日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/110125/mds1101250619013-n1.htm 2011年3月6日閲覧。 
14. “前大統領、帰国できず マダガスカル、当局が妨害”. 産経新聞. (2010年2月20日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/110220/mds11022010010009-n1.htm 2011年3月6日閲覧。 
15. “憲法改正、賛成多数で承認 マダガスカル”. 産経新聞. (2010年11月23日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/110117/mds1101172249022-n1.htm 2011年3月6日閲覧。 
16. “軍、兵舎に突入し反乱兵士を拘束 マダガスカル”. 47NEWS. 共同通信. (2010年11月21日). http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010112101000094.html 2011年3月6日閲覧。 
17. マダガスカル大統領選挙について(外務報道官談話) 外務省 2014年2月11日閲覧
18. 石原外務大臣政務官のマダガスカル訪問(概要) 外務省 2014年2月11日閲覧

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/05/18 17:01
前世|無料占い|ワンピース
賃貸|モテ期|結婚
ソ人気記事ランキング
2017/07/26 更新
 1位小原裕貴 (元タレント)
 2位平尾昌晃
 3位ぼくらの勇気 未満都市
 4位コンコルド墜落事故
 5位オーロラ銃乱射事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant