サービス終了のお知らせ
マスターズ・トーナメント
▼人気記事ランキング
3.記録
最多優勝回数:6回、ジャック・ニクラス1963年1965年1966年1972年1975年1986年
最多2位回数:4回、ベン・ホーガン1942年1946年1954年1955年)、ジャック・ニクラス1964年1971年1977年1981年)、トム・ワイスコフ(1969年1972年1974年1975年
最多トップ10回数:22回、ジャック・ニクラス
最多予選通過回数:37回、ジャック・ニクラス
最年少優勝者:タイガー・ウッズ(21歳3ヶ月14日)、1997年
最年長優勝者:ジャック・ニクラス(46歳2ヶ月23日)、1986年
72ホール最少スコア:270、タイガー・ウッズ1997年)、ジョーダン・スピース2015年
54ホール最少スコア:200、ジョーダン・スピース2015年
18ホール最少スコア:63、ニック・プライス1986年3日目、10バーディー・1ボギー)、グレグ・ノーマン1996年1日目、9バーディー)
18ホール最多バーディー:11、アンソニー・キム(2009年2日目、11バーディー・2ボギー・1ダブルボギー)
最多連続バーディー:7、スティーブ・ペイト(1999年3日目7〜13番)、タイガー・ウッズ2005年3日目7〜13番)
最年少出場者:関天朗(グァン・ティンラン)(14歳5ヶ月、2013年
最年少予選通過者:関天朗(14歳5ヶ月、2013年)
最年長予選通過者:トミー・アーロン(63歳1ヶ月、2000年
最多出場回数:52回、ゲーリー・プレーヤー1957年 - 2009年1973年は病気のため不出場))
最多連続出場回数:50回、アーノルド・パーマー1955年 - 2004年
[4]前ページ
(2.招待条件)
[6]次ページ
(6.1.アメリカ)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/07/18 10:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant