マクデブルク法
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
マクデブルク法: Magdeburger Recht)は、神聖ローマ皇帝オットー1世により作られた[1]地域の支配者による市や村の情勢に対する法で、内容は都市の自由を守り抜く規定と並んで、商法刑法訴訟法手続法などの条文が大部分を占める。長いあいだ神聖ローマ帝国の有力都市であったマクデブルクの自治権をモデルとするために同市の名を冠しており、中欧で中世都市法で最も重要[2]なものである。
この法は、ドイツ都市法の基礎となり何世紀の間に神聖ローマ帝国で発展した[3]。重要な事ではボヘミアハンガリーポーランド君主達がマクデブルク法を採用し修正している、同法は何千もの都市や村の発展を促し、都市化へ画期的な法となった[4]

目次
1.概要
2.ヨーロッパでのマクデブルク法の履行
3.脚注
4.関連項目

1. Jean W. Sedlar (1994). "Law and Justice". East Central Europe in the Middle Ages, 1000-1500. University of Washington Press. p. 328. . Retrieved October 23, 2012.
2. http://womeninworldhistory.com/WR-02.html、World History in Documents: A Comparative Reader. New York University Press, 1998. Retrieved 28 February 2014
3. http://womeninworldhistory.com/WR-02.html、World History in Documents: A Comparative Reader. New York University Press, 1998. Retrieved 28 February 2014
4. Jean W. Sedlar (1994). "Law and Justice". East Central Europe in the Middle Ages, 1000-1500. University of Washington Press. p. 328. . Retrieved October 23, 2012.

出典:Wikipedia
2017/12/29 06:30
ソ人気記事ランキング
2019/08/24 更新
 1位日本
 2位島田さくら
 3位名古屋小6受験殺人事件
 4位山本美香
 5位文京区幼女殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant