マイケル・ジャクソン
▼人気記事ランキング
1.略歴
1.4.アイドルからアーティストへ―『オフ・ザ・ウォール』期
1979年6月、移籍後初のソロ・アルバム『オフ・ザ・ウォール』を発表。

家族やレーベルの反対を押し切ってそのままクインシーをプロデューサーとして迎え制作された本作は、70年代のディスコ・ブームやブラック・ミュージックの集大成ともいえる内容に仕上がり、全米で800万枚を売り上げるなど大ヒットを記録。批評家からも高い評価を受けた。

また本作は、ソロでは初の自作曲となる先行シングル『今夜はドント・ストップ』をはじめ、『ロック・ウィズ・ユー』『オフ・ザ・ウォール』『あの娘が消えた』の合計4シングルが全米チャートトップ10に入るという史上初の偉業を成し遂げた[11]

1981年3月、モータウンでの最後のアルバム『フォーエバー・マイケル』を発表。アルバムからは『想い出の一日』がシングルカットされ、『オフ・ザ・ウォール』との相乗効果もあり全英1位を記録した。

1982年7月、映画『E.T.』に「サムワン・イン・ザ・ダーク」を提供。ストーリーブックのナレーションにも参加し、2年後にグラミー賞を受賞した。

[4]前ページ
(1.3.移籍と方針転換―ジャクソンズ時代)
[6]次ページ
(1.5.世紀のモンスター・アルバム―『スリラー』期)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/25 02:31
ソ人気記事ランキング
2020/01/26 更新
 1位日本
 2位唐田えりか
 3位東出昌大
 4位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant