マイケル・ジャクソン
▼人気記事ランキング
1.略歴
1.12.受け継がれるレガシー
2010年12月、死後初のスタジオ盤『MICHAEL』が発表。本作は、『スリラー』制作段階で収録候補となっていたイエロー・マジック・オーケストラの『ビハインド・ザ・マスク』のカバー[20]をはじめ、生前に録音された10の未発表音源が集められた作品として注目を集めた。しかしプロモーションの時点から、一部の収録曲の歌唱に関して「マイケルによるものではないのではないか」という疑惑がプレスや家族からかけられることとなる。ソニーは一貫してその疑惑を否定してきたものの、2018年8月にようやく「『モンスター』『ブレイキング・ニュース』『キープ・ユア・ヘッド・アップ』の3曲が他の歌手によって歌われたものである」と正式に認めたことが報じられた。

2011年1月、ドキュメンタリー映画マイケル・ジャクソン ライフ・オブ・アイコン 想い出をあつめて[21]が公開。ホイットニー・ヒューストンなど生前の友人やマネージャー、アーティストたちがマイケルとの想い出を語っている。

11月、リミックス盤イモータル』が発売[22]シルク・ドゥ・ソレイユによる同名のトリビュート・ツアーのサウンドトラック盤として発売された。

2012年9月、『BAD 25周年記念盤』が発売[23]。2012年版リマスターの施されたオリジナル盤の他、同時期に録音された未発表音源、最新リミックス、及び1988年のロンドン公演の模様を収めたDVD『ライヴ・アット・ウェンブリー』を同梱している[24]。記念盤の発売に合わせて、スパイク・リー監督によるドキュメンタリー映画『BAD25』も公開された[25]

2014年5月、生前の未発表曲を集めたアルバム第2弾となる『エスケイプ』が発表[26]ビルボード・ミュージック・アワードでは『スレイヴ・トゥ・ザ・リズム』のホログラム・パフォーマンスが話題を呼んだ[27]。8月、『プレイス・ウィズ・ノーネーム』がシングルカットされ、ショート・フィルムTwitterで先行公開された[28]

同年11月、クイーンのコンピレーション盤『クイーン・フォーエバー』にフレディ・マーキュリーとのデュエット曲『生命の証』を収録[29]

2019年3月3日、記事にて純資産が約5億ドルとなったと報道[30]

[4]前ページ
(1.11.衝撃の死と広がる波紋)
[6]次ページ
(2.1.歌唱法)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/17 21:01
ソ人気記事ランキング
2020/01/20 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位新潟少女監禁事件
 4位賭博黙示録カイジ
 5位軽井沢スキーバス転落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant