マイケル・ジャクソン
▼人気記事ランキング
1.略歴
1.9.復帰とソニー戦争―『インヴィンシブル』期
2001年10月、生前最後のスタジオ盤となる『インヴィンシブル』を発表。本作の制作においては、ロドニー・ジャーキンスをはじめとした若手プロデューサーの起用で時流に乗りつつも、自身の声を主体としたバラードの録音に大きな精力が注がれた。同時にエピック移籍以降のソロ4作品のデジタルリマスター盤も発売された。

本作は全米で1位を獲得したものの、最終的な売上枚数は1000万足らずと従来の作品に比べて伸び悩んでしまったことで、90年代後半に始まったソニー戦争と呼ばれるマイケルとソニーとの確執が表面化するようになる。

同月、アメリカ同時多発テロの被災者支援のため、ワシントンD.C.RFKスタジアムでチャリティコンサートを行う。新曲『ホワット・キャン・アイ・モア・ギブ』も披露され、約300万ドルの収益を集めた。

2002年4月、民主党全国委員会によるパーティーにて、『ヒール・ザ・ワールド』を含む3曲を披露。このコンサートが彼が踊った最後のコンサートとなった。

2003年11月、ベスト盤『ナンバー・ワンズ』を発売。先行シングルとして『ワン・モア・チャンス』がカットされた。

[4]前ページ
(1.8.凄絶な逆風―『ヒストリー』期)
[6]次ページ
(1.10.晩年)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/17 21:01
ソ人気記事ランキング
2020/01/21 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位新潟少女監禁事件
 4位清美川梅之
 5位麒麟がくる
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant