サービス終了のお知らせ
マイク・ガスコイン
▼人気記事ランキング
1.経歴
1.1.初期の経歴
1982年、ケンブリッジ大学チャーチル・カレッジ)に入学し、流体力学を研究。1988年に中退し、ウェストランド・ヘリコプター社の一部門であるウェストランド・システム社で一時的に働いたが、モータースポーツでの仕事に憧れ、1989年には風洞実験の空力エンジニアとしてマクラーレンに加入する。

1年間でマクラーレンを去ると、1990年にはティレルに加入し、ハイノーズ、アンヘドラル・ウイングを採用した斬新な空力処理を持つ019の開発(車体制御)に携わり、同シャシーの設計者であるハーベイ・ポスルスウェイトのアシスタントとして、その薫陶を受けるようになる。

1991年にポスルスウェイトが当時F1参戦を計画していたザウバーチームのF1カー設計に関わることとなったため、ガスコインもポスルスウェイトに従ってザウバーに移籍した。ほどなくポスルスウェイトはザウバーチームから去ったが、空力チーフだったガスコインは留まり、1993年シーズンを通してC13の開発を継続。同チームは初年度ながら12ポイントを獲得し、年間のコンストラクターズランキングでも7位を獲得するという、新規参戦チームとしては目覚しい成績を残した。

1993年後半、ティレルに復帰したポスルスウェイトから副テクニカルディレクター(テクニカルディレクター補佐)の座を提示されたため、ガスコインは翌1994年から4年間をティレルで過ごすこととなる。かつての名門とはいえ、この時期すでに斜陽となっており資金力に乏しい同チームでは開発者としては腕を振るう機会が制限されたが、1997年には「Xウィング」と呼ばれる特殊な小型ウィングを発案し話題を集めた。

1998年のシーズン直前、ケン・ティレルが同チームをB・A・Rに売却することを決意し、新オーナーがチームの技術部門の刷新を図ったため、ガスコインはチームを去った。

[6]次ページ
(1.2.ジョーダン)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/06/17 03:01
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant