サービス終了のお知らせ
マインツ大司教
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
マインツ大司教ドイツ語: Erzbistum Mainz)、またはマインツ選帝侯ドイツ語: Kurf?rstentum Mainz または Kurmainz )は、780/82年から1802年まで神聖ローマ帝国にあった、大きな力を持った司教領主である。
カトリック教会のヒエラルキーではマインツ大司教はドイツにおける最高位の聖職者primas Germaniae)であり、アルプス以北でのローマ教皇の代理人であった。マインツ大司教座は司教座の中でも、ローマ大司教座を除いて唯一、「聖」を付して「マインツ聖座」(Sancta Sedes Moguntina)と呼ばれていたが[1]、現在ではこのような呼び方はあまり一般的ではなくなってきている。
マインツ大司教区は神聖ローマ帝国に相当の領地を持っていた。その範囲はマインツ近郊のライン川両岸地帯、フランクフルトの上流までのマイン川一帯(アシャッフェンブルク含む)、ニーダーザクセン州テューリンゲン州にまたがるアイヒスフェルト(Eichsfeld)地方、テューリンゲン州エアフルト周辺に及んでいた。マインツ大司教はまた選帝侯の1人であり、ドイツ大書記官長であり、実質的には1251年から、そして1263年から1803年の間は一貫して、皇帝選挙の投票場管理官でもあった。
目次
1.歴史
2.主なマインツ大司教
3.脚注
4.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/03/14 14:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/20 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位岡崎美女
 4位黒谷友香
 5位2月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant