サービス終了のお知らせ
マインツ共和国
▼人気記事ランキング
6.ウィーン体制と2月革命におけるライン左岸
ウィーン体制において、ライン左岸4県は南からバイエルンヘッセン=ダルムシュタットプロイセンの3つに分割されてドイツに戻った。地域住民は、革命とナポレオン体制下で得た権利の保持を要求し、バイエルンとヘッセンのライン領はそれを認められた。そこでは本国とライン領とで適用される法や税率が違い、官吏も別であった。一方プロイセンではライン領の独自性はほとんど認められなかった。
こうしてある程度の特例扱いを受けていたものの、ドイツ・ジャコバンの後継者たちは全ドイツにおけるさらなる革命を求めて活動を続けていた。それはときおり事件となったが、革命になったのが1848年である。このときライン左岸では、プファルツを中心にして大規模な蜂起となり、そしてプロイセン軍に敗れた。この後は革命家からビスマルクへドイツ統一の主役が移ってゆく。
[4]前ページ
(5.フランス軍再侵攻、ライン左岸併合)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/06/14 02:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/22 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant