サービス終了のお知らせ
マンノウォー
▼人気記事ランキング
1.経歴
1.1.競走馬時代
マンノウォーは1917年3月、ニューヨークジョッキークラブ会長のオーガスト・ベルモントが所有するナーサリー牧場で生まれた。ベルモントは第一次世界大戦にアメリカが参戦すると軍務に就くことを志願してパリへ渡り、その際にマンノウォーを売却するよう指示を出した。マンノウォーは1918年サラトガ・スプリングズで開催されたファシグ・ティプトンのスプリングセールに出品され、サムエル D.リドルによって5000ドルで落札された。この落札はのちに「リドルの幸運はベルモントの不運」と称されることになる。
マンノウォーは1919年6月にデビューし、8月にかけて6連勝を飾った。7戦目のサンフォードメモリアルステークスでマンノウォーはスタートで出遅れ、第4コーナーで大きく外側を通ったあと内側によれ、ゴール前で今度は外側によれるという走りを見せ、2着に敗れた。このレースの優勝馬は番狂わせという競走馬名を持つアップセットで、のちに「マンノウォーに勝った唯一の馬」として知られるようになった。サンフォードメモリアルステークスのあと3連勝したマンノウォーは10戦9勝でこの年のシーズンを終えた。
1920年、マンノウォーはアメリカクラシック三冠第2戦のプリークネスステークスでレースに復帰した(第1戦のケンタッキーダービーに出走しなかった理由は不明である[1])。マンノウォーは同レースを優勝すると11日後にはウィザーズステークスにも優勝した。6月に行われたクラシック第3戦のベルモントステークスはドンナコーナとのマッチレースとなったが、ダート2200メートルのアメリカレコードを記録し、ドンナコーナに20馬身の着差をつけて優勝した。このマッチレースは当時の新聞によって「ダチョウガチョウの駆け比べ」と評されるほど一方的なものであった。
その後もマンノウォーは8戦8勝、うち6つのレースでレコードを更新するという非常に優秀な成績を収めた。中でもフードウィンクに100馬身もの着差をつけたローレンスリアライゼーションステークスでのマッチレースと、ジョンピーグライアーと接戦となり、直線で一瞬前に出られたもののゴール前で抜き返し1馬身半差で勝利したドワイヤーステークスでのマッチレースが有名である。10月にアメリカ競馬史上初の三冠馬・サーバートンとのマッチレースで7馬身差の勝利を収めたのを最後にマンノウォーは競走馬を引退し、種牡馬となった。獲得賞金は24万9465ドルで、アメリカ史上初めて獲得賞金が20万ドルを超えた競走馬となった。なお、マンノウォーの活躍を受けて馬主のリドルのもとには2回、それぞれ50万ドルと100万ドルという金額が提示されて購買の申し込みがあったが、リドルはこれを断っている。
[6]次ページ
(1.2.種牡馬時代)

1. 当時は現在と三冠体系が異なり、ウィザースステークス・ベルモントステークス・ローレンスリアライゼーションステークスがクラシック三冠に相当するレースであったとされ、ケンタッキーダービーは現在ほどの権威を持っていなかったと言われる。なお、この「旧」三冠体系に従えば、マンノウォーは「アメリカ三冠馬」と呼べる実績を持っている。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/01/02 06:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/28 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位住吉会
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant