マレーシア航空370便墜落事故
▼人気記事ランキング
1.概要
1.5.公的機関の捜索中止とその後
2017年1月、マレーシア及び協力国による捜索は、フライトレコーダーなどを含む機体の残骸の大部分を発見できないまま中止された。捜索は、12万平方キロメートルに及ぶ海底調査も行われたが空振りとなった。その後、マレーシア政府は民間の海底調査会社、オーシャン・インフィニティとの間で機体の残骸の捜索を依頼している[30]
[4]前ページ
(1.4.残骸発見)
[6]次ページ
(2.原因)

30. 不明マレーシア機、米企業が捜索再開に合意 発見なければ報酬なし CNN(2017年10月20日)2017年10月22日閲覧

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/05/17 12:02
ソ人気記事ランキング
2018/06/25 更新
 1位木南晴夏
 2位渋谷温泉施設爆発事故
 3位6月24日
 4位東海道新幹線火災事件
 5位寺田屋事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant