マレーシア航空17便撃墜事件
ふたご座|結婚|金融
ペット用品&ペットフードを探すなら
犬・猫から昆虫・観賞魚まで幅広く取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
6.世界各国および国際機関などの反応
6.10.医療界
2014年7月18日、国際エイズ学会は公式サイトにて「多くの同学会関係者が搭乗していた」という風に[149]オーストラリアメルボルンで2014年7月20日に開かれるエイズの国際会議の出席者が17便に搭乗していたことを明かした[149][134]。国連合同エイズ計画事務局長のミシェル・シディベは、Twitterに、「#MH17の墜落で悲劇的な死を迎えた乗客の皆様のご遺族に対し、お悔やみ申し上げます。乗客の多くは、#Melbourneで開催される#AIDS2014に向かう途中でした」とツイートした[150][151]。オーストラリア政府も2014年7月18日に、マレーシア航空機MH17便に、オーストラリアのメルボルンで開催される国際エイズ会議の出席者らが搭乗していたと発表していて、ジュリー・ビショップ外相は、「国際エイズ会議の出席者の多くが搭乗していた」と述べ、このMH17便はマレーシアのクアラルンプールに到着した後に、オーストラリアのパース行きのフライトに接続する予定だったと話している[151]。2014年7月19日、国際エイズ会議議長のフランソワーズ・バレ=シヌシは「オーストラリアとマレーシア、オランダの当局と連絡を取り、確認したところ、死亡した会議出席者は6人だった。ほかにも数人いる可能性はあるが、これまでに報道されているほど多い人数ではない」という風に明らかにした[152]
また、国際エイズ学会は声明で、乗客に「われわれの同僚や友人」が特定数含まれていたことを明らかにしていて、乗客の中には、エイズ研究の第一人者で国際エイズ学会会長経験者のユップ・ランゲも含まれていたと思われる[150][153][152]。もし、正しい情報であれば、HIV・エイズ研究界は非常に重要な人物を失ったと指摘している[151]
日本時間の20日18時すぎから国際エイズ会議の開会式が行われ、会議に出席する予定だった6人に対し、エイズの撲滅に尽くした功績をたたえると共に、出席者全員が起立して黙祷をささげた[51]
犠牲となった6人の中には、世界保健機関エイズ結核合併症の対策に取り組んでいた職員も含まれており[51]、中谷比呂樹世界保健機関事務局長補は「彼の遺志を継いで、エイズと結核の合併症による死亡への対策づくりを進めたいと思います」と語った[51]
また、HIV/エイズ対策の関連団体であるストップ・エイズ・ナウのピム・デ・コイヤー、エイズ・アクション・ヨーロッパ理事長のルーシー・ファン・メンスに加え、マリア・アドリアーナ・デシューターも搭乗していた[152]
国連世界保健機関では、報道担当者のグレン・トーマス(イギリス)の死亡が確認され、18日午前の国連欧州本部の定例会見では出席者全員で会見の冒頭に黙?した[153]。 トーマスの上司である職員は会見後に「非常に優れた専門家で、人柄も良かった。笑顔がすてきで周りのみんなもにっこりさせてくれた。人生はなんてはかないんだ。国際エイズ会議をどう推進していくか話したばかりなのに」とトーマスの死を嘆くコメントを残した[153]。トーマスはジュネーブにある国連欧州本部で記者会見に頻繁に顔を出しており、記者に知られた存在だった[153]
血液型占い|婚活|モテ期
無料占い|さそり座|懸賞
楽天ポイント最大10倍!
ポイント10倍の注目商品をチェック♪
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(6.9.航空業界)
[6]次ページ
(6.11.スポーツ界)

51. “ロシア 影響力行使の動き見せず”. NHK. (2014年7月20日). オリジナルの2014年7月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140722232005/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140720/k10013157211000.html 2014年7月20日閲覧。 
134. “<マレーシア機撃墜>日本政府、NSCで対応協議”. 毎日新聞. (2014年7月18日). オリジナルの2014年7月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140728204124/http://mainichi.jp/select/news/20140718k0000e010245000c.html 2014年7月18日閲覧。 
149. “マレー機、エイズ学会関係者が多数搭乗”. 読売新聞. (2014年7月18日). オリジナルの2014年7月20日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20140720182515/http://www.yomiuri.co.jp/world/20140718-OYT1T50068.html 2014年7月18日閲覧。 
150. “エイズ会議出席者100人搭乗か、ウクライナで墜落の旅客機”. AFPBB News. (2014年7月18日). http://www.afpbb.com/articles/-/3020914 2014年7月18日閲覧。 
151. “ウクライナで墜落のマレーシア航空機、エイズ会議出席者らが搭乗”. 朝日新聞. (2014年7月18日). http://www.asahi.com/international/reuters/CRWKBN0FN0G7.html 2014年7月18日閲覧。 
152. “マレーシア機撃墜、豪会議の出席者は「6人」 議長が発表”. AFPBB News. (2014年7月18日). http://www.afpbb.com/articles/-/3021007 2014年7月19日閲覧。 
153. 松尾一郎 (2014年7月19日). “マレーシア機撃墜、WHO報道担当者も犠牲に”. 朝日新聞. オリジナルの2014年7月20日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20140720182508/http://www.asahi.com/articles/ASG7L54J7G7LUHBI02S.html 2014年7月18日閲覧。 

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/09/28 02:32
浮気|霊感|エステ
無料ゲーム|転職|相性占い
ソ人気記事ランキング
2017/11/23 更新
 1位難波圭一
 2位山本博 (お笑い芸人)
 3位GODZILLA (アニメ映画)
 4位11月22日
 5位鶴ひろみ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant