マレーシア航空17便撃墜事件
手相|しし座|運命の人
ペット用品&ペットフードを探すなら
犬・猫から昆虫・観賞魚まで幅広く取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
1.墜落
MH17便はマレーシア航空の定期便としてボーイング777-200ER機体記号:9M-MRD。1997年製造)で運航されていた。17便は、アムステルダムのスキポール空港のG03ゲートより定刻から14分遅れとなる昼の12時14分(中央ヨーロッパ夏時間UTCでは午前10時14分)に出発した[9]。17便は11時間45分の飛行の後、クアラルンプール国際空港に7月18日午前6時(マレーシア時間、UTCでは7月17日22時)に到着予定だった。また、MH17便はKLMオランダ航空とのコードシェア便であり、KL4103便という便名も付与されていた[10]
マレーシア航空によれば、17便はウクライナ空域を高度35,000フィート(10,668メートル)で通過したいというフライトプランを提出していたが、ウクライナ空域に進入後、ウクライナの航空交通管制(ATC)より高度33,000フィート(10,058メートル)での飛行を指示された[11]。17便はウクライナを横断後、ロシア領内に入る50キロメートルほど手前で13時15分頃(UTC、モスクワ時間17時15分頃)に消息を絶った。
マレーシア航空は直後に発表したリリースで、「ウクライナATCより14時15分(UTC)に17便が「TAMAK」ウェイポイント[12]から30キロメートル、ロシア・ウクライナ国境から50キロメートルの地点で連絡を絶ったという通知を受けた」としている[13](ただし正確には13時15分(UTC)ないしは14時15分(西ヨーロッパ夏時間)であろう)。同年3月から航空会社の一部には治安が悪化しているウクライナ上空の飛行を避ける動きがあったが[14]、マレーシア航空は燃料節減などの理由から、オランダとマレーシアの最短距離(大圏コース)に近いウクライナ東部ドンバスの上空を通る航路を使い続けたとみられる[15]Flightradar24によれば、マレーシア航空17便が消息を絶った同時刻に、シンガポール航空のボーイング777-200ER(SQ351便)とエア・インディアのボーイング787-8(AI113便)が25キロメートル離れた地点を飛行していた[16]
17便には283人の乗客と15人の乗員が搭乗していた[17][18][19]が、全員死亡した[5]。ロイターの記者によれば、ロシアとの国境からおよそ40キロ離れたグラボベの村で、墜落した機体の残骸と遺体を確認している[20]。欧米のメディアの報道では、数え切れないほどのスーツケースパスポートなどが散らばっていたと伝えている[21]
17便の残骸はウクライナとロシアの国境付近、ドネツィク州のトレーズ市北方のフラボヴェ(グラボヴォ)村付近に落下した[22]。近隣で撮影された、墜落の瞬間に地平線から立ち上った火球だとする映像が公開されている[23]。墜落現場で撮影された写真では、胴体やエンジン部品の破片、遺体、パスポートなどが一帯に散乱している様子がとらえられており[24]、フラボヴェ村の家屋の近くにまで破片が落下している[25]。また、一部の遺体は座席で安全ベルトを装着した状態で見付かっている[26]。この墜落現場では、親ロシア派の武装勢力が機体の残骸や遺体を運び出して証拠隠滅を図り、また、犠牲者の所持品から現金や貴金属類などを略奪している[26]。2014年7月19日、マレーシア航空は17便の貨物室に積まれていた荷物の目録を発表したが、犬2匹、鳩4羽や他の種類の鳥5羽などが含まれていると報告、犬などの生存の有無は伝えられていないという。この他、航空機部品に加え、外交文書や花なども積んでいたという[26]
墜落直後、ロシアのポータルサイト「lifenews.ru」は、「7月17日、トレーズ市近郊のラシプノエ村付近で、ウクライナ空軍のAn-26輸送機が撃墜されたと武装勢力の民兵が述べた。彼らによれば、輸送機は住宅から離れたプログレス鉱山付近に墜落したとのことである。民兵の一人によれば、地元時間の17時30分ごろにAn-26が市の上空を飛行した。地対空ロケットが輸送機に命中して爆発した後、地上へと落下し、黒い煙が吹き上がった。破片などが空から落ちてきた」と報じた[27]
イタル=タスRIAノーボスチも、地元時間16時ごろトレーズ市付近で民兵がAn-26を撃ち落したと報じた[28][29]。アメリカ合衆国の分析によれば、人工衛星から捉えられたロケットの航跡雲と弾道から、ミサイルはトレーズ市とスニジネ市の間付近から発射されたとみられるという[30]
六星占術|スピリチュアル|夢占い
恋愛占い|転職|おうし座
お得!送料無料企画
送料無料アイテムが7800万点以上
http://m.rakuten.co.jp/
[6]次ページ
(3.撃墜を巡る議論)

5. “マレーシア機がウクライナ東部で撃墜、295人全員死亡=当局者”. ロイター. (2014年7月18日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0FM1YV20140717 2014年7月18日閲覧。 
9. Ludovica Iaccino (2014年7月17日). “First Photos of Malaysia Airlines MH17 Boeing 777 Crash in Ukraine [GRAPHIC IMAGES]”. International Business Times. 2014年7月17日閲覧。
10. “Statement about Malaysia Airlines MH17.”. KLMオランダ航空 (2014年7月17日). 2016年2月28日閲覧。
11. Hamzah, Al-Zaquan Amer (2014年7月18日). “Malaysia Airlines says requested higher flight plan”. Reuters. http://www.reuters.com/article/2014/07/18/us-ukraine-crisis-flightplan-idUSKBN0FN1HR20140718 2014年7月18日閲覧。 
12. “TAMAK waypoint”. Opennav.com. 2014年7月18日閲覧。
13. “Media Statement & Information on Flight MH17” (2014年7月17日). 2014年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月18日閲覧。
14. “MH17 crash: Airlines divert flights from eastern Ukraine”. BBC. 2014年7月18日閲覧。
15. “TERROR IN THE SKY: Did MH 17 do the right thing?”. The Independent. オリジナルの2014年7月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140729083345/http://theindependent.sg/blog/2014/07/18/terror-in-the-sky-did-mh-17-do-the-right-thing/ 2014年7月19日閲覧。 
16. “An Air India Plane was 25 km away when Flight MH17 crashed”. news.biharprabha.com. 2014年7月17日閲覧。
17. Dion Dassanayake. “Malaysia Airlines passenger plane crashes near Ukraine Russia border | World | News | Daily Express”. Express.co.uk. http://www.express.co.uk/news/world/489495/Malaysia-passenger-plane-MH17-crashes 2014年7月17日閲覧。 
18. “Crash: Malaysia B772 near Donetsk on Jul 17th 2014, disappeared from radar”. Avherald.com. 2014年7月17日閲覧。
19. “マレーシア旅客機、撃墜か=搭乗295人全員死亡−ウクライナ東部”. 時事通信社 (2014年7月18日). 2014年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月18日閲覧。
20. “マレーシア機墜落、「撃墜」とウクライナ当局 親ロ派は関与否定”. ロイター. (2014年7月18日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0PS4RK20140717 2014年7月18日閲覧。 
21. 坂口裕彦; 岩佐淳士 (2014年7月18日). “マレー機撃墜:民間機被害に衝撃 バカンス暗転”. 毎日新聞. オリジナルの2014年7月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140720180400/http://mainichi.jp/select/news/20140718k0000e030246000c.html 2014年7月18日閲覧。 
22. “Malaysia Airlines plane crashes on Ukraine-Russia border ? live”. The Daily Telegraph. 2014年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月17日閲覧。
23. “Malaysia Airlines crash: video believed to show moment of plane's impact”. The Telegraph (2014年7月17日). 2014年7月17日閲覧。
24. Nelson, Sara C (2014年7月17日). “Malaysia Airlines Flight MH17 'Shot Down in Ukraine Near Russian Border'”. Huffington Post (United Kingdom). http://www.huffingtonpost.co.uk/2014/07/17/malaysia-airlines-mh17-passenger-jet-crashes-ukraine-near-russian-border_n_5595450.html?utm_hp_ref=tw 2014年7月17日閲覧。 
25. “Maleisisch passagiersvliegtuig in Oekra?ne neergestort” [Malaysian passenger aircraft shot down in Ukraine] (Dutch). De Telegraaf. 2014年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月17日閲覧。
26. “墜落マレーシア機に犬や鳩、外交文書も 荷物目録を公開”. CNN Japan. (2014年7月20日). http://www.cnn.co.jp/world/35051125.html 2014年7月20日閲覧。 
27. “Ополченцы сообщили о сбитом Ан-26 на востоке Украины” (ロシア語). (2014年7月7日). オリジナルの2014年7月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140717160825/http://lifenews.ru/news/136801 2014年7月17日閲覧. "On July 17 near the village of Rassypnoye over the Torez city in Donetsk region an An-26 transport plane of Ukrainian Air Force was taken down, said the militia. According to them, the plane crashed somewhere near the "Progress" mine, away from residential areas. According to one of the militias, at approximately 17:30 local time an An-26 flew over the city. It was hit by a rocket, there was an explosion and the plane went to the ground, leaving a black smoke. Debris fell from the sky" 
28. “Donetsk People's Republic militia downs another Ukraine's An-26 plane ? eyewitnesses”. ITAR-TASS. (2014年7月17日). オリジナルの2014年7月18日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6RA3m6ZDd?url=http://en.itar-tass.com/world/741164 2014年7月18日閲覧。 
29. “Транспортный Ан-26 сбит на востоке Украины, заявили очевидцы "Transport An-26 shot down in eastern Ukraine, said eyewitnesses"”. RIA Novosti. http://ria.ru/world/20140717/1016409306.html 2014年7月18日閲覧。 
30. Peter Baker (18 July 2014), U.S. Sees Evidence of Russian Links to Jet’s Downing The New York Times

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/09/20 05:31
にきび跡|結婚|無料相性占い
内職|看護助手|モテ期
ソ人気記事ランキング
2017/09/24 更新
 1位安室奈美恵実母殺害事件
 2位安室奈美恵
 3位9月23日
 4位山本博 (お笑い芸人)
 5位崖の上のポニョ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant