サービス終了のお知らせ
マルティアリス
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
マルクス・ウァレリウス・マルティアリスマールティアーリスMarcus Valerius Martialis, 英語Martial, 40年3月1日? - 102年?)はヒスパニアイベリア半島)のアウグスタ・ビルビリス(現カラタユー)出身のラテン語詩人古代ローマ皇帝ドミティアヌスネルウァトラヤヌスの統治期間にあたる西暦86年から103年の間に発表された12巻のエピグラム(エピグラムマタ、警句)の本で知られている[1]。これら短くウィットに満ちた詩の中で、マルティアリスは町の生活や知人たちのスキャンダラスな行動を明るく風刺し、地方の教育をロマンティックに描いた。マルティアリスは全部で1561篇の詩を書き、そのうち1235篇はエレゲイオンの形式を使っている。マルティアリスは今日のエピグラムの始祖と見なされている。
目次
1.マルティアリスのエピグラム
2.評価
3.脚注
4.参考文献
5.外部リンク
├5.1.作品
├5.2.その他
出典:Wikipedia
2019/12/04 07:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant