サービス終了のお知らせ
マルコによる福音書
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
マルコによる福音書(マルコによるふくいんしょ、ギリシア語: Κατ? Μ?ρκον Ευαγγ?λιονラテン語: Evangelium secundum Marcam)は新約聖書中の一書。
2世紀半ば以降、伝統的に新約聖書の巻頭を飾る『マタイによる福音書』の次におさめられ、以下『ルカによる福音書』、『ヨハネによる福音書』の順になっている(例えばエイレナイオス『異端反駁』3.1.1。ただし、4番目とする例がある)[1]。執筆年代としては伝承でペトロの殉教の年といわれる65年から『ルカ福音書』の成立時期である80年ごろの間であると考えられる。『マタイによる福音書』、『ルカによる福音書』と共に「共観福音書」とよばれ、四つの福音書の中でもっとも短い。呼び方としては『マルコの福音書』、『マルコ福音』、『マルコ伝』などがあり、ただ単に『マルコ』といわれることもある。
目次
1.成立
2.著者
3.執筆対象
4.資料について
└4.1.受難物語
5.マルコ福音書に見られる特徴
├5.1.サンドイッチ形式
└5.2.受難節の1週間
6.マルコ優先説
7.本文批評問題
8.参考文献
9.脚注
10.関連項目
出典:Wikipedia
2019/11/07 17:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/16 更新
 1位日本
 2位槇原敬之
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant