マルチタッチ
▼人気記事ランキング
3.実行
マルチタッチはインターフェイスのサイズや種類によっていくつかの違った方法で実行されている。もっとも普及している形状は携帯デバイス、タブレット、タッチテーブルや壁である。タッチテーブルや壁はLEDバックライトによってアクリル板やガラス板を通して描写される。

種類[19]

静電容量技術
表面静電容量技術もしくはニアフィールドイメージング (NFI)
投影型静電容量タッチ (PST)
相互キャパシタンス
セルフキャパシタンス
インセル式静電容量方式
抵抗技術
アナログ型抵抗
デジタル型抵抗もしくはインセル式静電容量方式
光学技術
光学イメージングもしくは赤外線技術
Rear Diffused Illumination (DI)
赤外線グリッド(オプトマトリックス)もしくはデジタル・ウェーブガイド・タッチ (DWT)?もしくは赤外線光導波路
減衰全反射 (FTIR)
Diffused Surface Illumination (DSI)
Laser Light Plane (LLP)
インセル式光学
波技術
表面弾性波 (SAW)
Bending Wave Touch (BWT)
分散信号タッチ (DST)
音響パルス認識 (APR)
Force-Sensing Touch Technology
光学タッチ技術は表面を指か物でタッチたときに光が散乱し反射がセンサーやカメラがキャッチしデータが測定された反射の種類に応じてタッチへの応答を指示するソフトウェアに送信される。タッチ面はまた確実に押されて反射を変えた場合の異なる応じ方を屈曲することで追加された感圧コーティングで感圧を生成できる[20]。ハンドヘルド技術は電荷を伝送するパネルを使用する。指がスクリーンをタッチした場合、パネルの電場をかき乱す。このかき乱しは登録され、ソフトウェアに送信されることでジェスチャーへのレスポンスを開始する[21]

数年前まではマルチタッチ使用製品を発売していたのは数社にとどまっていたが、高価な技術をより身近にする試みとして、DIYでタッチスクリーンを作る方法が趣味が高じた人物により公開されている[22]

[4]前ページ
(2.ブランド・製造メーカー)
[6]次ページ
(3.1.マルチタッチジェスチャー)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/28 12:32
ソ人気記事ランキング
2020/01/17 更新
 1位日本
 2位平清香
 3位ドロヘドロ
 4位軽井沢スキーバス転落事故
 5位1月16日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant