マルタ語
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
マルタ語(マルタ語:Malti, Lingwa Maltija)は、マルタ共和国公用語として話される言語欧州連合(EU)の公式言語の一つ。言語はアラビア語の口語(アーンミーヤ)の変種の一つであるが、ロマンス系語彙借用語が多いことから(ただし、これはマグリブの口語全体にいえることである)別言語とする学者もいる。
マルタは870年から220年間イスラム教徒に支配され、その間に言語のアラビア化が進んだとされる[1]
ヨーロッパ圏唯一のアフロ・アジア語族 - セム語派の言語である。アラビア語の口語(アーンミーヤ)の中では、マグリブ方言に最も近い。
シチリア語イタリア語など、ロマンス系の語彙を多く含み、セム系言語で唯一のラテン文字による正書法を持つ。
それまで公用語であったイタリア語に代わり、1936年英語と並んでマルタの公用語に採用された。今日では、約60万人の話者がいる。オーストラリアアメリカ合衆国カナダへ移民した人々の間でも使われている。
現存する最も古い使用例は、15世紀にPietro Caxaroにより書かれた、「Il Cantilena」である。何世紀もの間、マルタ語は話し言葉であり、記述する時には、アラビア語、のちにイタリア語が使用された。
目次
1.文字と発音
└1.1.注釈
2.文法
3.語彙
4.その他
5.関連項目
6.参考文献
7.脚注
8.外部リンク
出典:Wikipedia
2020/01/17 18:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/20 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位新潟少女監禁事件
 4位賭博黙示録カイジ
 5位軽井沢スキーバス転落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant