サービス終了のお知らせ
マラーター王国
▼人気記事ランキング
1.歴史
1.6.宰相による全権掌握と最大領土
1740年4月、バージー・ラーオが死亡し、その息子バーラージー・バージー・ラーオが宰相位を継承した。この世襲もまたシャーフーに認められたものであった[21][22]

同年12月からバーラージー・バージー・ラーオはプネーを去り、デリーに向けて遠征し、帝国の首都デリー近くのアーグラ周辺に陣を張り、1741年7月14日に皇帝ムハンマド・シャーにこの領有を認めさせた[22][23]

1749年12月15日、マラーター王シャーフーが死亡した。彼は死に際して、宰相に全権を委ねる遺言を残しており、この時点でバーラージーは王国の全権を掌握した[20]。シャーフーは死に際して男子がおらず、マラーター王国ではシヴァージー2世の息子ラージャーラーム2世が即位した[22]。だが、ラージャーラーム2世と対立したターラー・バーイーがラージャーラーム2世は自身の孫ではないと言い出したため、マラーター王国では混乱が起きた[22]

そのため、バーラージーはこの混乱を避けるため、1750年に王国の行政府をサーターラーからプネーに移し、王国の実権をも掌握した[20][22]。かくして、バーラージーはすべての権限を握り、統治機構の公式の長として君臨し、事実上の国家元首となった[20]

また、バーラージーの宰相在任期間、マラーターの軍勢は北はラージャスターン地方、南はカルナータカ地方、東はベンガル地方にまで進撃し、その領土は四方に広がって最大となり、北はデリーから南はトゥンガバドラー川までの広大な版図を有していた[20]。彼は父親のように征服事業を押し進め、マラーターの権力をインドにおいて頂点に押し上げ、全土を席巻してその支配を確固たるものにした[20]

[4]前ページ
(1.5.王国の版図拡大)
[6]次ページ
(1.7.ドゥッラーニー朝との抗争)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/12/28 00:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/21 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位2月20日
 5位岡崎美女
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant