サービス終了のお知らせ
マムルーク朝
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
マムルーク朝(マムルークちょう、دولة المماليك Dawla al-Mamālīk)は、エジプトを中心に、シリアヒジャーズまでを支配したスンナ派イスラム王朝1250年 - 1517年)。首都はカイロ。そのスルターンが、マムルーク奴隷身分の騎兵)を出自とする軍人と、その子孫から出たためマムルーク朝と呼ばれる。一貫した王朝ではあるが、いくつかの例外を除き王位の世襲は行われず、マムルーク軍人中の有力者がスルターンに就いた。
目次
1.歴史
├1.1.建国
├1.2.バフリー・マムルーク朝
└1.3.ブルジー・マムルーク朝
2.マムルーク朝の国制
3.歴代スルターン
├3.1.バフリー・マムルーク朝
└3.2.ブルジー(チェルケス)・マムルーク朝
4.関連項目
5.脚注
6.参考文献
出典:Wikipedia
2019/12/02 09:30
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant