サービス終了のお知らせ
マーズ・リコネッサンス・オービター
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
マーズ・リコネッサンス・オービター(Mars Reconnaissance Orbiter、略称: MRO)は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) が開発した、火星の周回軌道から火星を調査・探索する多目的探査機である。この探査機は、NASAジェット推進研究所の管轄の下に、7.2億ドルの予算で、ロッキード・マーティン社によって作られた。MROは、2005年8月12日に打ち上げられ、2006年3月10日に、火星の周回軌道に到達した。2006年8月、空力ブレーキにより、同年11月より開始される、科学観測に適した周回軌道に移ることに成功した。名前のリコネッサンス (reconnaissance) とは「偵察」、「予備調査」の意味をもち、その名の通り偵察衛星なみの高解像度カメラを搭載し、後続の地上探査機のための着陸地点の候補地を調査することを主要な目的のひとつとしている。 リコネッサンスはリコネサンスリコナイサンスと表記されていることもある。
マーズ・リコネッサンス・オービターの火星到達時、マーズ・エクスプレス2001マーズ・オデッセイマーズ・グローバル・サーベイヤーと、2つのマーズ・エクスプロレーション・ローバーの、計5機が火星で活動していた。これによりこの時期、宇宙探査の歴史上、最も多くの探査機が地球以外の惑星上および軌道上で活動していることになった。
目次
1.計画と目標
2.搭載された科学観測装置
├2.1.HiRISE (カメラ)
├2.2.CTX (カメラ)
├2.3.MARCI (カメラ)
├2.4.CRISM (分光計)
├2.5.MCS (放射計)
└2.6.SHARAD (レーダー)
3.打ち上げから火星周回軌道まで
4.画像
5.関連項目
6.脚注・参考文献
7.外部リンク
出典:Wikipedia
2020/01/13 17:32
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant