ポケットモンスター ダイヤモンド・パールの登場人物
▼人気記事ランキング
2.ジムリーダー
クロガネジムリーダー。いわタイプポケモンの使い手。キャッチコピーは「ザ・ロックといわれる男」。
使用ポケモンは『ダイヤモンド・パール』・『プラチナ』のジム戦はイシツブテイワークズガイドス、『プラチナ』のしょうぶどころでの再戦時はプテラゴローニャダイノーズラムパルドバンギラス。エースポケモンは『ダイヤモンド・パール』・『プラチナ』のジム戦はズガイドス、『プラチナ』のしょうぶどころでの再戦時はバンギラス。
勝利するとコールバッジと、「ステルスロック」のわざマシンを貰える。
ヘルメットに作業服を身に纏っており、眼鏡をかけている青年。ミオジムリーダー・トウガンの息子で、父を非常に尊敬している。ハクタイシティのちかおじさんはおじにあたる。クロガネ炭鉱でも働いており、炭鉱で働く人々のまとめ役でもある。ポケモン・趣味などは父譲りらしい。主人公のような別荘を買って、自分だけの博物館を作るのが夢。初めてちかつうろに入った際にも会う事が可能で、主人公にちかつうろの説明をした後地上へ戻る。
ナタネ
ハクタイジムリーダー。くさタイプポケモンの使い手。キャッチコピーは「繁る緑のポケモン使い」。
使用ポケモンは『ダイヤモンド・パール』のジム戦はチェリンボナエトル・ロズレイド、『プラチナ』のジム戦はナエトル・チェリム・ロズレイド、『プラチナ』のしょうぶどころでの再戦時はワタッコキレイハナ・チェリム・ドダイトス・ロズレイド。エースポケモンはロズレイド。
勝利するとフォレストバッジと、「くさむすび」のわざマシンを貰える。
茶髪とへそ出しルックが特徴的な女性。くさタイプ専門であり、自然植物が好きらしい。本人のセリフからお化けの類が苦手らしく、それを克服する為か時々ハクタイのもりに行っている。またリゾートエリアも自然が多いので気に入っている様子。
スモモ
トバリジムリーダー。かくとうタイプポケモンの使い手。キャッチコピーは「裸足の天才格闘娘」。
使用ポケモンは『ダイヤモンド・パール』・『プラチナ』のジム戦はアサナンゴーリキールカリオ、『プラチナ』のしょうぶどころでの再戦時はカポエラー・キノガッサ・チャーレムカイリキー・ルカリオ。エースポケモンはルカリオ。
勝利するとコボルバッジと、「ドレインパンチ」のわざマシンを貰える。
とてもスポーティーな格好をしているあどけない少女。自分の力がどこまで通用するかを確かめるためにジムリーダーになった。父親はトバリゲームコーナーでスロットに没頭している。そのせいか普段の生活は非常に質素で、ジムには「一日一食」という標語がある程である。更に服も他に持っていないのか、吹雪に見舞われたキッサキに訪れた時もこの格好で訪れている(本人曰くこれも修行の一種らしい)。
『プラチナ』ではスズナと友達同士である事が明かされ、一緒に主人公の別荘へと訪れ相談を持ちかける程、彼女を姉のように慕っている。シンオウジムリーダーの中で一番年下という事もあってか、同じくらいの年齢の主人公に対しても敬語を使用している。スズナのように女の子らしいお洒落をしたいのかアクセサリーなどに興味があるらしい。
『ハートゴールド・ソウルシルバー』でもカントー地方のタマムシシティにてゲスト出演し、大食いコンテストに出場している。食べ放題かつ賞金付きという内容に感激しており、他の参加者よりも圧倒的に多く食べているのが確認可能。また、ジョウト地方ではポケスロンのオールスターカップに出場している事もある。
マキシ
ノモセジムリーダー。みずタイプポケモンの使い手。キャッチコピーは「ウォーター ストリーム マスクマン」。
使用ポケモンは『ダイヤモンド・パール』・『プラチナ』のジム戦はギャラドスヌオー・フローゼル、『プラチナ』のしょうぶどころでの再戦時はサメハダー・ヌオー・ギャラドス・フローゼル・ルンパッパ。エースポケモンは『ダイヤモンド・パール』・『プラチナ』のジム戦はフローゼル、『プラチナ』のしょうぶどころでの再戦時はルンパッパ。
勝利するとフェンバッジと、「しおみず」のわざマシンを貰える。
本業はプロレスラーで、普段から覆面レスラーのような扮装をしており、上半身裸で筋肉質。「マキシマム仮面」を自称する。常にテンションが高く、態度も大きい。住人の話によるとファイトマネーは人のため・ポケモンのために使用しているらしい。勝ち負けよりもどう勝負を楽しむかを考えている。レスラーとしてもかなり活躍しているようで、試合がテレビで放映される時もある。歌が大好きで、自身のテーマソング(作詞作曲は自分)は演歌調。外国人レスラーという事になっているが、『ブラック2・ホワイト2』でゲスト出演した際の当人の話によるとこれはレスラーとしてのギミックであり、実際は生まれも育ちもシンオウ地方である。
『プラチナ』ではクロツグの友人である事が判明。その縁でライバルと顔馴染みであり、「師匠」と呼ばれている(マキシ自身は『弟子にした覚えは無い』と突っぱねている)。また『ダイヤモンド・パール』でも、ハードマウンテン付近で彼と一緒にいる姿を見る事が可能。
スモモと同様に『ハートゴールド・ソウルシルバー』ではカントー地方ではタマムシシティのデパートに登場し、仮面を買う姿を見られる。ジョウト地方ではすごい滝があると聞いて47番道路にも現れ、主人公を激励する。
『ブラック2・ホワイト2』では他のジムリーダーと共にワールドトーナメントへ出場している他、フィールド上で会話可能なキャラクターとしても出演している。
メリッサ
ヨスガジムリーダー。ゴーストタイプポケモンの使い手。キャッチコピーは「魅惑のソウルフルダンサー」。
使用ポケモンは『ダイヤモンド・パール』のジム戦はフワライドゲンガームウマージ、『プラチナ』のジム戦はヨマワルゴースト・ムウマージ、『プラチナ』のしょうぶどころでの再戦時はジュペッタ・フワライド・ヨノワール・ムウマージ・ゲンガー。エースポケモンは『ダイヤモンド・パール』・『プラチナ』のジム戦はムウマージ、『プラチナ』のしょうぶどころでの再戦時はゲンガー。
勝利するとレリックバッジと、「シャドークロー」のわざマシンを貰える。
ロングヘア四つ葉のクローバーのように纏めた特徴的な髪型で、フラメンコダンサーに似た派手な紫色のドレスを着用した外国人の女性。本業はダンサーで、普段からドレスを着ているのは、すっかりコンテストに夢中になっているからとの事。陽気でノリがよくテンションが高いが、優しい努力家であり、ポケモンも日本語も一生懸命勉強してジムリーダーになった。だが日本語は少し片言。よくロストタワーに行くという。話しかけられるとその場で一回転する。同じダンサーであるダリアを尊敬しており、彼女のダンスのファンらしい。
『ダイヤモンド・パール』では5番目に対戦するジムリーダーだが、『プラチナ』では3番目に変更されている。
スーパーコンテストのマスターランクに参加する事もある(使用ポケモンはフワライドの「ばるん」)。
『エメラルド』のバトルドームのブレーンであるヒースとは髪型の印象・髪の色・明るい性格など似ている部分が多いが関連性は明らかにされていない。
トウガン
ミオジムリーダー。はがねタイプポケモンの使い手。キャッチコピーは「鋼鉄ボディの男」。
使用ポケモンは『ダイヤモンド・パール』のジム戦はドーミラーハガネールトリデプス、『プラチナ』のジム戦はレアコイル・ハガネール・トリデプス、『プラチナ』のしょうぶどころでの再戦時はエアームド・ハガネール・ジバコイル・トリデプス・ボスゴドラ。エースポケモンは『ダイヤモンド・パール』・『プラチナ』のジム戦はトリデプス、『プラチナ』のしょうぶどころでの再戦時はボスゴドラ。
勝利するとマインバッジと、「ラスターカノン」のわざマシンを貰える。
口髭を蓄えた筋骨隆々の男性。常にスコップを手に持っている。クロガネジムリーダー・ヒョウタの父親で、ハクタイシティにいるちかおじさんとは親戚。こうてつじまでよく修行を行っており、ゲンとは修行仲間だった。またこうてつじまの近くに小さな家を持っている。
スズナ
キッサキジムリーダー。こおりタイプポケモンの使い手。キャッチコピーは「ダイヤモンドダストガール」。
使用ポケモンは『ダイヤモンド・パール』のジム戦はユキカブリニューラ・チャーレム・ユキノオー、『プラチナ』のジム戦はニューラ・イノムー・ユキノオー・ユキメノコ、『プラチナ』のしょうぶどころでの再戦時はマニューラ・ユキノオー・マンムー・ユキメノコ・グレイシア。エースポケモンは『ダイヤモンド・パール』のジム戦はユキノオー、『プラチナ』のジム戦はユキメノコ、『プラチナ』しょうぶどころでの再戦時はグレイシア。
勝利するとグレイシャバッジと、「ゆきなだれ」のわざマシンを貰える。
三つ編み学校制服のような格好をしている少女。明るく情熱的な性格の持ち主で、本人曰く「ポケモンもオシャレも恋愛も全部気合」らしい。キッサキしんでんに人を入れる権限を持っている。
『プラチナ』では弱点を克服するためにスモモと修行をしており、スモモにとってはお姉さん的な存在でもある。
デンジ
ナギサジムリーダー。でんきタイプポケモンの使い手。キャッチコピーは「輝き痺れさせるスター」。
使用ポケモンは『ダイヤモンド・パール』のジム戦はライチュウエテボースオクタンレントラー、『プラチナ』のジム戦はサンダース・ライチュウ・レントラー・エレキブル、『プラチナ』のしょうぶどころでの再戦時はサンダース・ライチュウ・レントラー・ランターン・エレキブル。エースポケモンは『ダイヤモンド・パール』はレントラー、『プラチナ』はエレキブル。
勝利するとビーコンバッジと、「チャージビーム」のわざマシンを貰える。
逆立った金髪が特徴で、ストリートファッションに身を包んだ見た目はクールな青年だが、熱血漢な一面があり、手応えの無い挑戦者ばかりで退屈しており、強い挑戦者との熱いバトルを望んでいる。顔に似合わず重度の改造マニアであり、ナギサ住民・リーグ内では有名。主人公が来るまで退屈凌ぎにジムの改造をしていたが、そのとき電気の使いすぎでナギサシティ全体を停電にさせてしまった(住民曰くナギサが停電になるのは珍しい事ではないらしい)。「初めてジムバッジを手に入れた時に使用した技が10まんボルト」だったため、その時の嬉しさを忘れないようにとでんきタイプにこだわっているという。
『ダイヤモンド・パール』ではシンオウ図鑑に掲載されているでんきタイプが少ない(一応パチリスもシンオウ図鑑に掲載されているが使用してこない)ため、手持ちにはでんきタイプ以外のポケモンもいるが、それ以外のポケモンもしっかりとでんきタイプのわざは使用してくる。『プラチナ』ではシンオウ図鑑の登録数が増えたため、4匹ともでんきタイプになった。
四天王、特にオーバとは仲が良いようで、『プラチナ』ではイベントでライバルと共にダブルバトルを仕掛けてくる。主人公の別荘では、オーバと漫才のようなやり取りをしている。四天王に勧誘された事があるが、「部屋の改造禁止」と言われたため断ったらしい。
『ブラック・ホワイト』では直接の登場は無いものの、イッシュ四天王の一人であるシキミの自作小説から、イッシュの四天王に挑戦したらしい事が描かれている。
[4]前ページ
(1.主人公・町の住民)
[6]次ページ
(3.四天王・チャンピオン)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/28 21:32
ソ人気記事ランキング
2019/09/21 更新
 1位日本
 2位島田さくら
 3位逆鉾昭廣
 4位9月20日
 5位熊谷連続殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant