ポケットモンスター ダイヤモンド・パールの登場人物
▼人気記事ランキング
1.主人公・町の住民
本作の主人公。フタバタウンに住んでいる。ひょんな事から最強のポケモントレーナーを目指して旅に出る事になる。男女ともに同じデザインのマフラーをしている。
名前は自分で直接入力する他、何も入力せずに終了したときには、自動であらかじめ用意された数十種類の名前からランダムに割り当てられる。
母親と2人暮らしで、登場はしないが、父親はかなり凄腕のトレーナーだったらしい。『プラチナ』ではコスチュームのデザインが変わり、涼しげな格好から一変し、暖かそうな格好になった。
ポケモン図鑑によると、男の子は身長1.45m、体重38kg、女の子は身長1.4m、体重34kg。 ナナカマド博士の助手の子ども。主人公と同じく旅に出るが、ポケモン図鑑の完成が一番の目的らしい。
姿は選ばれなかった方の主人公と同じもので、名前は男なら「コウキ」、女なら「ヒカリ」となる。家はマサゴタウンにあり、父の他に妹と祖父がいる。
主人公に冒険に役立つ道具をくれたりタッグを組んだりと、新米トレーナーである主人公に様々なサポートする。しかし、うっかり落としたポケモン図鑑をギンガ団に奪われてしまうなど、少々頼りないところも。主人公とライバルが選ばなかったポケモンを最初から所持している。主人公とのタッグバトルでは、ピッピユンゲラーに加え、ハヤシガメモウカザルポッタイシのうち1匹の3匹を使用する。
アニメ『ポケットモンスター ダイヤモンド&パール』では、ヒカリがヒロインとして登場。なお、コウキは劇場版ポケットモンスターに一度だけ冒頭の一部に登場しており、こちらでは服装が変更されている[1]
ライバル
主人公のライバル。フタバタウンに住んでおり、特徴的な髪型と緑色のマフラーが目印の少年。フロンティアブレーン・クロツグの息子。父に対する呼称は普段は「オヤジ」だが、『プラチナ』で主人公とともに父と対面した時は「ダディ」と呼んだ。
主人公同様、ライバルの名前もプレイヤーが自由に決定できる。
とてもせっかちな性格で、常に主人公よりも先に行動する。「なんだってんだよー!」と「罰金○○円な!」が口癖。ナナカマド博士を「じいさん」と呼ぶなど、口は悪いがどこか憎めない存在。主人公とは幼なじみで、その仲の良さは近所でも評判らしい。作中数度に渡り対戦するが、主人公とタッグを組むイベントもある。主人公同様『プラチナ』ではコスチュームのデザインが変わり、バトル前のアクションもある。また、なぜかオレンジ色のポケッチを持っている(ポケッチの色は青か赤の2色しかない)。父とその友人であるマキシを尊敬している。『プラチナ』ではシロナの事を主人公の姉と勘違いしていた。
かなり前向きで勝気な性格だが、エイチ湖でのイベントでジュピターに敗北し、ひどく落ち込む姿を見せる。しかし、これを機にポケモンの為に自分自身が強くなる事が大事だと悟り、大きく成長した。このイベント以降あまり勝ち負けにはこだわらなくなった。
手持ちポケモンはムクホークヘラクロスカビゴン、主人公が選んだポケモンによってフローゼルロズレイドギャロップのうち2匹、ドダイトスゴウカザルエンペルトのうち1匹の6匹になる。『プラチナ』で20回以上殿堂入りするとパーティ全体のレベルが20上昇し、最高でレベル85とかなり高く、これは『ハートゴールド・ソウルシルバー』のレッドに次いで歴代2位である。
アニメ『ポケットモンスター ダイヤモンド&パール』では、『ダイヤモンド』で用意されている候補の一つである「ジュン」という名前で登場。この影響か、後に発売された『プラチナ』でも候補の一つとしてこの名前が採用されている。
ナナカマド博士
ポケモンの進化について研究をしている博士。オーキド博士の先輩。60歳。
彼の研究によるとポケモンの90%は進化に関係するとのことである。4年ぶりにシンオウ地方に戻ってきたらしい。怒ると怖いという噂がある。チャンピオンのシロナも教え子の一人であり、研究者としての後輩。彼女が主人公と同じ年の頃から知り合ったらしい。また、主人公の父親を知っていた節が見受けられる。シロナ曰く、子供好きである。甘党のようで、研究所の冷蔵庫にお菓子が多数入っているほか『プラチナ』ではトバリデパートの食料品コーナーに登場していかりまんじゅうが売り切れているのを残念がっている場面がある。
アヤコ
主人公の母親。気さくな性格で、主人公の冒険も明るく応援してくれる。実はすごい経歴の持ち主でもあり、コンテストに「ガルちゃん」というニックネームのガルーラを使用して時々出場する。甘いものが好きらしく、家の冷蔵庫にはいつもデザートが入っている。
ミミィ
ポケモンコンテストで審査員を務める若い女性。アヤコと普段から親交があるらしい。ミミロルを所有している。容姿はアイドルと同じ。
ミズキ
ヨスガシティに住むポケモンボックスの管理者。マサキの友人。コガネ弁で話す。
また、『みんなのポケモン牧場』に登場するユカリの親友でもある。
ウラヤマ
212番道路の北部に豪邸を構える大金持ち。屋敷の裏には珍しいポケモンの集まる裏山があり、それを自慢の種にしている。ヨスガシティにある「ふれあいひろば」の所有者でもある。
口癖は「ウラヤマしいじゃろ?」。マナフィが描かれた本を持っている。
ハンサム
『プラチナ』に登場。ギンガ団の動向を追う国際警察所属の男性。ハンサムとはコードネームであり、本名は不明。変装が得意で、その技術は路上にあるごく自然な岩にまでなりきれるほどであり、ハードマウンテンのイベントではギンガ団だけでなくそれを追跡していた主人公やバクまでも見抜けない腕前を披露した。
本人曰くポケモンバトルは苦手らしく、バトル等のイベントは起こらないがポケモンは持っており、ハードマウンテンでのイベントでグレッグルを使用している。
スロットなどのゲームが好きらしく、トバリシティでは情報収集と言いながらゲームコーナーに熱中しており、ハードマウンテンの一件後に主人公に「出会いがすばらしいほどその別れはさみしくなる」と格好良く決め台詞を言って去るが、その後もちゃっかりゲームセンターに通っている(本人曰く景品のわざマシンを手に入れて苦手なポケモンバトル面の強化をするため)。
『ファイアレッド・リーフグリーン』にも国際警察が登場していたが関係性は不明。
『ブラック・ホワイト』ではエンディング後に登場。プラズマ団の調査に向かっていたが、到着時には主人公やジムリーダーたちが組織を壊滅させており、その実力を見込んで主人公に残党である七賢人たちの捜査協力を依頼する。
『X・Y』ではミアレシティに「ハンサムハウス」を設け、主人公を助手として捜査協力を依頼する。
『オメガルビー・アルファサファイア』では記憶喪失でバトルリゾートの浜辺に打ち上げられていたところを主人公に発見される。
『サン・ムーン』ではウルトラビーストの捜査のためリラとともにアローラ地方を訪れている。ウラウラ島のしまキングであるクチナシは元同僚だが、仲はあまり良くなかった模様。
エール / オーエン
『プラチナ』に登場。バトルステージに凄腕の挑戦者を望む主人公のファン。主人公が男ならエール、主人公が女ならオーエンになる。『ハートゴールド・ソウルシルバー』にも主人公のファンとして再登場している。
[6]次ページ
(2.ジムリーダー)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/28 21:32
ソ人気記事ランキング
2019/09/19 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 4位9月18日
 5位凪沢怜奈
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant