サービス終了のお知らせ
ポケットモンスター (劇場版)
▼人気記事ランキング
概要
ポケットモンスター (アニメ) > ポケットモンスター (劇場版) ポケットモンスター (劇場版)』は、ゲームソフトポケットモンスターシリーズ』を原作とするテレビアニメポケットモンスターシリーズ』の劇場アニメ映画作品について解説する。

概要[編集]

東宝による配給で、作品群の通称は、第1作(1998年)から第16作(2013年)までは「ピカチュウ・ザ・ムービー」(PIKACHU THE MOVIE)で、第17作(2014年)から第19作(2016年)までは『ポケモン・ザ・ムービー○○(シリーズタイトル名)』(Pok?mon the movie ○○)である。監督は、第20作(2017年)までと第22作(2019年)はTVアニメシリーズ総監督の湯山邦彦が、第21作(2018年)は『ポケットモンスター ベストウイッシュ』より参加している矢嶋哲生が、第22作(2019年)は湯山と共同という形で榊原幹典が務めている。予告映像は本編からの流用ではなく、専用のものが制作されている。劇伴音楽)は『黒き英雄 ゼクロム』を除き全作品宮崎慎二による。「ピカチュウ・ザ・ムービー」のロゴは4作目まで(アメリカでは3作目まで)は毎年異なったが、5作目から16作目まで(アメリカでは4作目から16作目まで)はほぼ統一されている。

一部の例外を除き、作品中メインとなるポケモンはそれまでのゲーム版で公開されていなかった初登場のポケモンとなることが多く(当時現行のバージョンで入手できるものと、次回作で登場するものの2パターンが存在する)、制作初期はそのポケモン名を組み込まない仮タイトルを公開し、時機を見てそのポケモン名を入れた正式タイトルを発表する流れを基本としている。

製作[編集]

毎年、様々な芸能人がゲスト声優として参加しており(本シリーズでは「特別出演」と呼称)、山寺宏一[注 1]はこれまでの全作品に参加している。その他には、7作目『裂空の訪問者 デオキシス』から9作目までは山寺と同じく『おはスタ』に出演していたベッキーが連続で出演した。10作目以降は、テレビ東京系放送のポケモン情報番組(『ポケモン☆サンデー』→『ポケモンスマッシュ!』→『ポケモンゲット☆TV』→『ポケモンの家あつまる?』)にレギュラー出演している中川翔子が参加しており、出演決定の際は同番組内で役名が発表される[注 2]

エンディングテーマ[編集]

また主題歌を手掛ける歌手は、小林幸子のような演歌歌手から、安室奈美恵PUFFYスキマスイッチEvery Little ThingいきものがかりなどのJ-POPアーティスト、サラ・ブライトマンのような海外アーティストなど、様々で幅広い。林明日香は異なる主題歌で2回主題歌を担当、小林幸子は1作目主題歌を22作目にて中川翔子を加えセルフカバーしている。

評価[編集]

2008年3月、シリーズ全体の功績を評価され、第17回日本映画批評家大賞特別功労賞(増淵健[1])が「ピカチュウプロジェクト」に贈られた。シリーズとしては初の受賞である。子供向けのアニメ作品としては、2004年に田山力哉賞を受賞した当時の『ドラえもん』声優陣に続く2例目。

14作目『劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ ビクティニと黒き英雄 ゼクロム・白き英雄 レシラム』時点での合計で、観客動員数は6,074万人、興行収入は644.2億円[2]にまで達し、18作目の『ポケモン・ザ・ムービーXY 光輪の超魔神 フーパ』時点での合計で、観客動員数が7,000万人を突破し、国内邦画のヒットシリーズとして確立した。

テレビシリーズとの比較[編集]

TVシリーズに比べて劇場版シリーズは描写がリアル寄りになっており、例として「TVアニメ版ならば高所から人が落下すると地面に人型の穴が開くところを、劇場版では普通に怪我をする」等がある。TVアニメでは恒例のロケット団が「やな感じ〜」と飛ばされて星になるくだりは、話の展開に関わるようなシーンではやらないようにしているとのこと。また、「幻のポケモンを図鑑に登録してしまうのはどうなのか」ということで映画の中では、図鑑は使わないことにしているとのこと[3]

TVシリーズのキャラクターは登場するものの、内容上のつながりはあまり意識されていないことからパラレルワールドとも言えるが、TVシリーズでも劇場版と関連するシーンやエピソードが盛り込まれることはある。また20作目以降は、TVシリーズと関連しないオリジナルストーリーやリメイク版が公開されている。

メディアミックス[編集]

6作目『七夜の願い星 ジラーチ』からは、ゲーム版では通常では入手できないポケモンのデータを入手できる特別前売り券が販売されるようになり、以降の作品でも同様の前売り券が販売されている。10作目『ディアルガVSパルキアVSダークライ』から21作目『みんなの物語』までは、映画館内でもニンテンドーDSニンテンドー3DS本体のワイヤレス通信機能を用いたポケモンのデータ配布が実施されていた。また入場者特典として限定のポケモンカードポケモントレッタガオーレディスク等が配布される事がある。

長編映画はすべて、てんとう虫コミックスで漫画化されている。第5作まではオールカラーのアニメ版(アニメのセル絵を使用してコマ割りして吹き出しをそえたもの)しか存在しないが、第6作以降は漫画家にコミカライズさせたオリジナルの漫画も出版されている。これは映画公開にあわせて、月刊コロコロコミック本誌にタイアップのかたちで連載されたものをまとめたものである。当初は、毎年異なる漫画家を起用していたが、第13作から第16作まで井上桃太が連続して漫画化を担当した。第13作以降は、長編映画がノベライズ化された小説が出版されている。

上映から1年後には、その年の新作の宣伝を兼ねてテレビ放送が行われるが、2005年からは放送時間の関係で、冒頭部分(作品全体についての説明が毎年冒頭で行われている)やエンディングの部分を中心に、一部のシーンがカットされている。これとは別に、アニメ専門チャンネルのキッズステーション(テレビ版も放送しているが、2013年2月17日からはデジタルリマスターHD版(第1作〜第5作)を放送)でも、各作品が不定期(主に週末の特番枠)に放送されている(ただし短編作品『ピチューとピカチュウ』は未放送)ほか、地上波では、一部の局で年末年始の時期に特番で放送されている(いずれも一部シーンのカットはない)。夏に放送の場合はテレビ版のネット局全てで放送されるが、年末年始の場合はテレビ東京系列以外の独立UHF局では、一部の局のみの放送となる。映画で使われたBGMは、その後TVシリーズで使用されることがある。

2007年9月21日には、劇場版10周年を記念して第9作までの全作品(同時上映された短編を含む)を収録したDVD-BOX『劇場版ポケットモンスター PIKACHU THE MOVIE BOX』が限定生産で発売された(第5作までと第6作以降を収録した2巻構成)。特典として、復刻版のミニチュア劇場パンフレット(長編のみ)、各作品の予告編を収録したスペシャルディスク、特製のデータブックが封入された。通常のパッケージ版は第1作からDVDVHSで発売されていたが、VHS発売は第8作『ミュウと波導の勇者 ルカリオ』で終了。また、Blu-ray版は第14作の『ビクティニと黒き英雄 ゼクロム/白き英雄 レシラム』から発売されるようになり、それ以前の作品13作品と短編シリーズを収録したBlu-ray BOX『PIKACHU THE MOVIE PREMIUM BOX 1998-2010』が限定生産で発売され、さらにDVDも上記DVD-BOXに以降の4作品を加えて発売された[4]

作品一覧[編集]

長編作品[編集]

監督:湯山邦彦(1-20・22)、矢嶋哲生(21・23)、榊原幹典(22)
ゲスト声優:山寺宏一(1- [注 1])、ベッキー(7-9)、中川翔子(10-15・17-21[注 2]

短編作品[編集]

全ての作品がポケモン達の視点でストーリーが進行し、サトシなどの人間は下半身(もしくは後ろ姿か首から下)のみ描かれる。

機内上映作品[編集]


夏休み期間に全日空の一部の機内で短編アニメーションが上映されている。

2004年から2011年までの上映作品については

3D映画[編集]

期間限定で上映された短編の3D映画作品。

ポケモン3Dアドベンチャー ミュウを探せ![編集]


世界初のポケモン3D映画。「愛・地球博ささしまサテライト会場内に開園した「ポケパーク」に隣接する「ラ・バーモささしま(現:マーケットスクエアささしま)」内の「109シネマズ名古屋」でのみ、ポケパークの開園期間中に上映された。2006年4月15日 - 5月14日東京アニメセンターなどで、オリジナルバージョンが上映された。2011年2月26日から那須ハイランドパークでも上映された。 ピカチュウ - 大谷育江
ニャース - 犬山イヌコ
ソーナンスジュプトル - うえだゆうじ
オオスバメフォレトス - 石塚運昇
ヘイガニサボネア - 小西克幸
コータス - 三木眞一郎
ユキワラシフシギダネ - 伊東みやこ
ワカシャモドクケイル - 西村ちなみ
アゲハント - 白石涼子
エネコミズゴロウ - 林原めぐみ
ゴンベハブネーク - 佐藤智恵
ルンパッパ - 立木文彦
チリーン - 吉原ナツキ
ミュウ - こおろぎさとみ

ポケモン3Dアドベンチャー2 ピカチュウの海底大冒険[編集]


ポケモン3D映画の第2弾。東京アニメセンターなどの4ヵ所で、2007年5月20日 - 8月31日まで上映された。 ピカチュウマネネサニーゴ - 大谷育江
ニャース - 犬山イヌコ
ヘイガニラティオス - 小西克幸
エイパム - 伊東みやこ
ゴンベ - 佐藤智恵
イーブイラティアス - 林原めぐみ
ゼニガメ - 半場友恵
ウソハチ - 阪口大助
マナフィ - 白鳥由里

主題歌[編集]

第15作までのオープニングは全てピカチュウレコードメディアファクトリーレーベル)よりリリースされているが、タイアップであるエンディングは発売元が異なる。

長編作品の主題歌[編集]

短編作品の主題歌[編集]

第5作のみ挿入歌あり(曲名:SECRET GARDEN 歌:MADOKA

脚注[編集]

注釈[編集]

出典:Wikipedia
2020/02/29 21:02
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant