ポケットモンスター
▼人気記事ランキング
6.関連ニュース・話題
各作品中の固有名詞は、『赤・緑』系、『金・銀』系では各街の名前が色の呼び名(特に日本語での古式ゆかしい名称)で統一されているなど、何らかのコンセプトに沿って命名されている。なお、『赤・緑』系のスタート地点となる町「マサラタウン」は、「何色にも染まっていない汚れなき色」という意味で「まっさら」から付けられている。また、多くの主要キャラクターの名前の由来は植物からとられている。
ポケモンの舞台となっているカントー地方ジョウト地方ホウエン地方シンオウ地方イッシュ地方カロス地方アローラ地方ガラル地方は、それぞれ関東地方東海-近畿地方-四国地方九州地方北海道ニューヨークフランスハワイグレートブリテン島がモデルになっている。
バンダイのアンケート
バンダイが1998年に実施した「好きなキャラクター」のアンケートで、『ポケットモンスター』が男児・女児共に第1位を獲得した。支持率は男児27.7%、女児27.4%[29]
ポケモンおじさん
2000年頃にかけてポケモン関連のテレビCMにレギュラー起用されていた綿引勝彦は当時、ファンの間から「ポケモンおじさん」と呼ばれていた。ヤクザ映画NHK大河ドラマにも多数出演している強面の綿引がポケモンゲームにはまっていく様子を愛嬌たっぷりに描いたCM群は、当時大きな話題を呼んだ。 『ポケモンスナップ』TVCM(1999年春)
この時の綿引を再起用したことにより、「ポケモンおじさん」というキャラクターが明確になっていく。
『ポケモンスタジアム金銀』のCMを最後に担当が替わり、以降は別のタレントが起用された。
多数のバグ
ゲームシリーズ初期は、当時では複雑なシステムゆえに群を抜いてバグが多かった。
なお、出荷ごとにバグフィックスを行うなど、適切な企業努力は行われており、後期出荷のものはほとんどバグは発生しない。また、GBA版からはパッチ配信によるバグフィックスが行われている。
[4]前ページ
(5.日本国外でのポケットモンスター)
[6]次ページ
(7.関連事件・批判)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/16 09:31
ソ人気記事ランキング
2019/08/20 更新
 1位日本
 2位玄倉川水難事故
 3位千と千尋の神隠し
 4位雅樹ちゃん誘拐殺人事件
 5位二・二六事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant