サービス終了のお知らせ
ポルノ映画
▼人気記事ランキング
1.世界のポルノ映画
1.4.1990年代
1990年代には2つの顕著なテクノロジーが、ポルノ映画を変化させた。

DVDはより高品位の画質と音質を提供し、主なハリウッドスタジオや民間消費者に受け入れられたのと同様に、ポルノ製作者たちにも熱心に受け入れられた。DVDはユーザーに変化に富んだ複数のカメラアングルと結末、あるいはコンピュータ専用の内容を選ばせる「双方向」ビデオのような革新を可能にした。

インターネットはそれ以前のいかなるテクノロジーよりもポルノの配布を激変させた。アダルトショップや通信販売を通して映画を注文しなくとも、人々は自分のコンピュータでポルノ映画を観賞することができる。商品の到着を待つことなく、数分または数秒でポルノ映画をダウンロードすることができた。ただしインターネットの普及により、違法な猥せつ物に対する規制も困難となった。

ビブ・トーマス、ポール・トーマス、アンドリュー・ブレイク、アントニオ・アダモは、1990年代の著名な監督である。

1998年、オスカーにもノミネートされたことのあるデンマークの映画製作会社ツェントローパ(Zentropa)は映画『Constance 』を製作し、公然とハードコアポルノ映画を製作する世界初の主流映画会社となった。

同年、ツェントローパはラース・フォン・トリアー監督による『イディオッツ (Idioterne) 』を製作した。これは多くの国際的な賞を獲得し、カンヌ国際映画祭でもパルム・ドールにノミネートされた。映画は、勃起した男性のシャワーシーン、乱交パーティーでの性器挿入のクローズアップシーンを含んでいる。『イディオッツ』は例えばロッコ・シフレディが出演したカトリーヌ・ブレイヤの『ロマンスX』と同様に、露骨な性的イメージを呼び物にする一般映画の世界的な波を起こした。

1999年、デンマークのテレビチャンネル、カナル・ケーベンハウンは夜間のハードコア映画放映を開始した。暗号化されておらず、コペンハーゲン地域のいかなるテレビ受像機でも視聴が自由であった(2008年現在、ツェントローパが設立した会社、イノセント・ピクチャーズの好意により、これはまだ続いている)。

[4]前ページ
(1.3.1980年代)
[6]次ページ
(1.5.2000年代)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/05 16:30
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant