サービス終了のお知らせ
ポルトガル君主一覧
▼人気記事ランキング
4.ハプスブルク家(1581年 - 1640年)
1581年から1640年までの間、スペイン・ハプスブルク家(フィリペ王朝)がポルトガルを統治した。アルカンタラの戦いでドン・アントニオを破ったフェリペ2世は、1580年12月にリスボンへ入城し、トマールで開催されたコルテスでポルトガル王を称した[13]。イベリア連合として知られる同君連合の下、ポルトガルは自治権を付与された。時代が進むにつれてスペインへの中央集権化が進められ、ポルトガルには財政・軍事の負担が重くのしかかる[14]。ポルトガル内では独立の機運が高まり、1640年6月のカタルーニャの反乱が再独立運動を後押しした[15]

[4]前ページ
(3.アヴィス家(1385年 - 1580年))
[6]次ページ
(5.ブラガンサ家(1640年 - 1910年))
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/27 12:00
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant