ポルトガル語
▼人気記事ランキング
3.音韻と表記
3.7.ポルトガル語の新正書法
子音のところでも記述した通り、ポルトガルとブラジルでは違う綴りで書かれる単語が少なくないが、2008年5月にポルトガル議会は今後6年かけて綴りを現在のものからブラジル風のものに変更する法案を可決した[5][6]。旧植民地での表記法に旧宗主国が従うという珍しい事態になっているが、これはポルトガル語圏におけるブラジルの圧倒的な人口から来る経済的・文化的・学術的影響力を反映したものである。ブラジルでも2008年9月に大統領令として公布され、2012年末までの移行期間を経た上で2013年以降はこの新正書法が採用される。この正書法により、今後は一部の単語を除いて以下のような綴りとなる。

従来?oと綴っていた単語が、単にooとなる(例:v?o(フライト)>voo)
二重母音eiあるいはoiに強勢が来る場合、従来つけていたアクセント記号が不要となる(例: Cor?ia(韓国)>Coreia、ap?io(支援)>apoio)
ポルトガル式では発音されないにも関わらずに表記されていた子音が表記されなくなる(例: ac??o (行動) > a??o)
ブラジル式では従来使用されていたトレマが廃止され、q?i, q?e, g?i, g?eがqui, que, gui, gueという表記に変わる。
ただ、新正書法の施行後も、ポルトガル式とブラジル式の綴りの間では相違が残る。mおよびnの前のoおよびeに強勢が来る場合、両国における発音の差を反映して、ポルトガルでは?および?が、ブラジルでは?および?が使用される。例: アントニオ(人名): Ant?nio(ポルトガル)、Ant?nio(ブラジル)

[4]前ページ
(3.6.アルファベット)
[6]次ページ
(4.文法)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/25 00:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/24 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位唐田えりか
 5位宍戸錠
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant