サービス終了のお知らせ
ポリス
▼人気記事ランキング
1.語義の歴史
1.1.ポリスとアクロポリス
π?λι?(ポリス)という語は古典ギリシア時代のアルカイック期には、まず「砦・城砦・防御に適した丘」を意味した。エミール・バンヴェニストはポリスは?κρ?πολι?アクロポリス)に由来するとしている[1]。アクロポリスとは、「小高い丘、高いところ、城市、成山、平地内の孤立した丘」を意味し、ポリスの中心部となる丘で、のちギリシア都市国家のシンボル的な存在ともなった。通常、防壁で固められた自然の丘に神殿や砦が築かれている。アクロポリスは当初は対外的軍事拠点つまり城砦であったが、B.C.7世紀にはポリス市民(近代的市民社会を構成するような個人ではなく家政機関たるο?κο?(オイコス)の長達の共同体成員)の信仰の対象ともなり、都市国家における共同体の絆のシンボルとして神殿が築かれ、ポリスの守護神を祭った。

ただし、ギリシア歴史時代においてもなおπ?λι?(ポリス)は「要塞・城砦」を意味した。たとえばトゥキディデスは「アクロポリスはアテナイ人からいまでもポリスと呼ばれている」と記している[2]。バンヴェニストはこの用法を、ヴェーダ語の対応語pur(砦)やリトアニア語のpilis(城、城砦)との比較から、先史的な語義としている[3]

のちπ?λι?(ポリス)は都市の発展により、周辺村落を含む国家を指すように変化する。さらに土地所有者間における市民権概念の出現により、市民全体、市民集団を指すようになった。

古代ギリシア時代アルカイック期には、以下のように語義が変遷した。

城砦(アクロポリス)
建設された都市国家
都市の開祖
国家及び市民権
市民集団
古代ギリシア人は、アテナイスパルタテーバイなどのポリスの単位ではなく、アテナイ人、ラケダイモーン、テーバイ人という単位で考えていたともいう。それゆえ「市民集団」という意味は、ポリスという語の最も重要な意味となった。
[6]次ページ
(1.2.ポリスとラテン語との関係)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/04/21 10:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant