ポリーナ・スースロワ
▼人気記事ランキング
2.ドストエフスキーとの交際
1861年、スースロワはフョードル・ドストエフスキーが教える講義に顔を出している。すでにドストエフスキーは有名な作家になっており、この講義も若者の間で非常に人気があった。当時ドストエフスキーは40歳、スースロワが21歳だった。リュボーフィの回想によれば、スースロワは「ドストエフスキーを追いかけまわし、あらゆる手段でその気を引こうとしていた。ドストエフスキーに気づかれなかったスースロワは、ついにラブレターを書いて送った」[12]。別の逸話によれば、スースロワはドストエフスキーに自分の作品を見せ、アドバイスを頼んだ。小説としては酷いものだったが、若く美しい女に魅力を感じたドストエフスキーは創作を教えることを約束したという[13]。しかしスースロワの小説を読んで気に入ったドストエフスキーが作者に会いたがった、という話も伝わっている[14]
2人の交際は複雑で痛ましいものでさえあったが、特にドストエフスキーには苦労が多かった[8]。作家活動に心血を注いで健康は損なわれており、経済的にも苦しんでいた時期でもあった[15]。その上スースロワは傲慢で人を操りたがり[7][16]、嫉妬深い性格でしきりにドストエフスキーへ「肺病の妻」マリアと離婚するよう催促していた[11]. 。「病的なほど自分本位な女」であり、「とてつもない利己心と自尊心」で他人の欠点を許さなかった、と後にドストエフスキーは記している。そしてマリアが1865年に亡くなると、スースロワに結婚を申し込むのだが、断られてしまう[17]
ドストエフスキーの2番目の妻アンナ・スニートキナと違って、スースロワはドストエフスキーの本をほとんど読まなかった。作品を尊敬しているわけでもなく、単純に恋人として接していたのである。ドストエフスキーもスースロワに宛てて「かわいいひと、君を安っぽい至福の境地といったものに誘おうというつもりはありません」という手紙を書いている。破局後、スースロワはこういった手紙を初めとしたあらぬ疑いをまねくような文書を焼き捨てている。そして1867年、ドストエフスキーはアンナ・スニートキナと結婚した[18]
[4]前ページ
(1.幼少期)
[6]次ページ
(3.晩年)

7. Nevskaya, Elena (February 2003). “Sense and sensibility” (Russian). Vokrug sveta 40 (2). ISSN 0321-0669. http://www.vokrugsveta.ru/vs/article/454/. 
8. Lantz, Kenneth (2004). The Dostoevsky Encyclopedia. Greenwood Publishing Group. p. 155. . http://books.google.ru/books?id=XfDOcmJisn0C&dq=inauthor:%22K.+A.+Lantz%22&hl=en&source=gbs_navlinks_s. 
11. Moss, Walter (2002). Russia in the age of Alexander II, Tolstoy and Dostoevsky. Anthem Press. p. 105. . 
12. Dostoyevskaya, Lyubov (1920). Dostoyevsky as Portrayed by His Daughter (Dostoejewski geschildert von seiner Tochter). 
13. Anisimov, Evgeniy (4 February, 2008). “Apollinaria Suslova, zhrica russkoy lyubvi” (Russian). Delo. 2010年9月21日閲覧。
14. Korneichuk, Dmitry. “Life of Fyodor Dostoyevsky: Women's motives” (Russian). Chronos. 2010年6月21日閲覧。
15. “Book Information: Gambler with the Diary of Polina Suslova, the”. Internet Book List. 2010年9月22日閲覧。
16. Payne, Robert (1961). Dostoyevsky: a human portrait. Knopf. pp. 162. 
17. “Dostoevsky Research Station: Chronology”. 2010年9月21日閲覧。
18. Lantz, K. A. (2004). “Chronology”. The Dostoevsky Encyclopedia. Greenwood Publishing Group. . http://books.google.ru/books?id=XfDOcmJisn0C&dq=inauthor:%22K.+A.+Lantz%22&hl=en&source=gbs_navlinks_s. 

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/04/16 06:31
ソ人気記事ランキング
2020/01/27 更新
 1位日本
 2位唐田えりか
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位東出昌大
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant