サービス終了のお知らせ
ポール・エリュアール
▼人気記事ランキング
4.シュルレアリスム
4.3.ヌーシュとの出会い
1927年にシュルレアリスムの詩集『苦悩の首都』[29]、1929年にはガラに捧げる『愛・詩』[30]を発表した。一方、ガラはエルンストと公に付き合うようになっていたが、エリュアールがベルギーのシュルレアリスム作家カミーユ・ゲーマンスフランス語版を介して知った画家サルバドール・ダリに会うために、ガラとともに1929年にカダケスを訪れたとき、彼女はダリに惹かれ、1934年に正式に結婚した。エリュアールもまた、1930年にアルザス生まれの女優のマリア・ベンツに出会った。彼女もまたドラ・マール、リー・ミラー、ヴァランティーヌ・ユーゴーフランス語版らとともにシュルレアリストのミューズとされる[31]。エリュアールは彼女をヌーシュ(ヌーシュ・エリュアールフランス語版)と呼び、4年後に結婚。1946年に彼女が急死するまで16年間共に生きた。

1930年にエリュアールはブルトンとの共著『無原罪の御宿り』を発表した。これは、シュルレアリスムの自動記述を綴ったものであり、神経衰弱疑似症の実験、強烈な偏執狂の疑似症の実験、全身麻酔疑似症の実験、表現錯乱疑似症の実験、早発性痴呆症疑似症の実験などの内容を含む[32]。部数は2,000部、併せて豪華版111部が刊行された。表紙にはダリによるエロティックな画が掲載されている。カトリックの「無原罪の御宿り」は、聖母マリアの「処女懐胎」と区別され、マリアが母アンナの胎内に宿ったときから原罪を免れていたとする教義であり、表紙画の原案では、ルルドの聖母の写真を使用し、頭部の周囲に「私は無原罪の御宿りである」と書かれていた。カトリックの教義の非科学性を批判する本書は、ダリの画を掲載することで、その意図を明確に示すことになった[11]

[4]前ページ
(4.2.共産主義への傾倒)
[6]次ページ
(4.4.アラゴンとの決別・共産党離党)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/08 05:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/26 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位羽生ありさ
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant