ポール・マッカートニー
▼人気記事ランキング
3.経歴
3.7.2000年代
2001年ウイングス時代の軌跡を振り返るドキュメンタリー作品『ウイングスパン』を発表。2枚組の同名ベスト盤も同時発売され、アメリカでは100万セットを売り上げてプラチナ・ディスクに認定された。同年の秋にはリンダが亡くなって以来初のオリジナル・アルバム『ドライヴィング・レイン』も発表している。

9月11日のアメリカ同時多発テロ事件による世界貿易センターの崩壊で亡くなった消防士の追悼とチャリティを目的に、10月20日、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンにて『ザ・コンサート・フォー・ニューヨーク・シティ』がポールの提唱によって開かれた。ポールの呼びかけに応じ、 デヴィッド・ボウイミック・ジャガーキース・リチャーズエルトン・ジョンボン・ジョヴィ)等々、多数のミュージシャンが参加した。

2002年、アメリカで9年ぶりにコンサート・ツアーを行う。この公演を収めたライヴ盤『バック・イン・ザ・U.S. -ライブ2002』はアメリカでミリオン・セラーを記録した。同年11月には、3度目のソロでの来日公演が行われた。2003年にはロシアモスクワにある「赤の広場」でコンサートを開いて話題となった。このコンサートはロシアにとっても初めての外国人のアーティストの大規模なコンサートになった。ロシアはそれまで西洋や外国のロック音楽を受け入れていなかったが、このコンサートがモスクワで大成功を収め、ポールは史上初めてロシアで成功したロック・ミュージシャンとなった。

2004年の第56回のエミー賞で、10万人を集めたロシア公演の2時間のドキュメンタリー番組『イン・レッド・スクエア』が、「マルチカメラ編集賞(ミニシリーズ、映画、特別番組)」を受賞した。2005年には「ライブ・イン・ザ・U.S.2005」としてアメリカツアーを行い、その中のカリフォルニア州アナハイムでのコンサートでは史上初の試みとして、アメリカのNASAを通じて地球から約220マイル上空の宇宙飛行士へライブを生中継した。この時のナンバーはイングリシュ・ティとビートルズナンバーのグッド・デイ・サンシャインだった。

また、2005年7月に世界中で同時に行われた、チャリティー・コンサートであるLIVE 8(ライブ エイト)にも参加した。2003年から2005年春までの長期間に渡り、マッカートニーはレディオヘッドの作品などで知られるナイジェル・ゴッドリッチをプロデューサーに迎えてアルバムを制作する。2005年の秋に『裏庭の混沌と創造』として発表されたこのアルバムは2006年第48回グラミー賞に3部門でノミネートされ、アルバムに先がけてシングル・カットされた「ファイン・ライン」も、同賞のソング・オブ・ザ・イヤーの候補に挙がった。また、2007年第49回グラミー賞に最優秀男性ポップボーカル賞に「ジェニー・レン」がノミネートされた。

2007年、長年契約していたEMIから、新興レーベル『ヒア・ミュージック』に電撃移籍。日本での発売元も東芝EMIからユニバーサルに変わった。2007年6月、移籍第1弾アルバム『追憶の彼方に〜メモリー・オールモスト・フル』を発表。このアルバムでも2008年の第50回グラミー賞に3部門でノミネートされると共に、全米では1982年の『タッグ・オブ・ウォー』以来となるオリジナルアルバムでのプラチナ・ディスクに認定された。

2008年ブリット・アワードにて特別功労賞を受賞。5月、米エール大学から名誉音楽博士号を授与される。

[4]前ページ
(3.6.1990年代)
[6]次ページ
(3.8.2010年代)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/13 22:00
ソ人気記事ランキング
2020/01/22 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位菊池桃子
 4位新潟少女監禁事件
 5位清美川梅之
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant