ポーランド
▼人気記事ランキング
7.地理
西でドイツ、南でチェコスロヴァキア、東でウクライナベラルーシリトアニアと接していて、北東ではロシアカリーニングラード)とも国境を接している。北はバルト海 (Morze Ba?tyckie) に面している。

南部を除き国土のほとんどが北ヨーロッパ平野であり、全体が非常に緩やかな丘陵地帯となっていて独特の景観を有する。平均高度は173 mである。南部は山岳地帯で、タトラ山脈にはポーランドで最も高いリシ山(標高2499 m)がある。南部の国境近くにはカルパティア山脈タトラ山脈、ベスキディ山脈を含む)やスデート山地(ポーランド語およびチェコ語でスデーティ (Sudety) を含む)がある。深いが多く国立公園や県立公園として維持管理されている。東北部からベラルーシにかけて広がる「ビャウォヴィエジャの森」は「ヨーロッパ最後の原生林」とされる、北部ヨーロッパには珍しく全体に広葉樹が生い繁る巨大な森で、ヨーロッパバイソン(ポーランド語で「ジュブル」)やヘラジカ(ポーランド語で「ウォシ」)をはじめとした多数の大型野生動物が生息する。ポーランドにある9300もののうち大きなもののほとんどは北部と中西部に集中している。北東部、北西部、中東部、中西部、南西部には特に湖が集中する湖水地方があり、美しい景観を有する。また湿原が特に多く、そのうち最大のものは「ヴィェブジャ大湿原」で、釧路湿原の10倍以上の面積がある。これらの湿原は国立公園や県立公園として維持管理されている。多くの水鳥が生息する。

西南部にはヨーロッパ最大の砂漠がある。

河川は以下の通り。

オドラ川 (Odra)(オーデル川)
ヴァルタ川 (Warta)
ブク川 (Bug)
ナレフ川 (Narew)
サン川 (San)
ノテチ川 (Note?)
ピリツァ川 (Pilica)
ヴィェプシュ川 (Wieprz)
ブブル川 (B?br)
ウィナ川 (?yna)
ヌィサ・ウジツカ川/ナイセ川 (Nysa ?u?ycka)
フクラ川 (Wkra)
ドゥナイェツ川 (Dunajec)
ブルダ川 (Brda)
プロスナ川 (Prosna)
ドゥルフェンツァ川 (Drw?ca)
ヴィスウォク川 (Wis?ok)
フタ/チャルナ・フタ川 (Wda/Czarna Wda)
ドラヴァ川 (Drawa)
ヌィサ・クウォヅカ川 (Nysa K?odzka)
ポプラト川 (Poprad)
パスウェンカ川 (Pas??ka)
レガ川 (Rega)
ブズラ川 (Bzura)
ヴィスウォカ川 (Wis?oka)
オブラ川 (Obra)
ビェブジャ川 (Biebrza)
ニーダ川 (Nida)
[4]前ページ
(6.1.主要都市)
[6]次ページ
(7.1.地質)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/07/18 22:00
ソ人気記事ランキング
2018/07/15 更新
 1位梶居勝志
 2位麻原彰晃
 3位BANANA FISH
 4位土谷正実
 5位7月14日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant