サービス終了のお知らせ
ボヘミア
▼人気記事ランキング
2.歴史
2.6.ハプスブルク家
16世紀からはルクセンブルク家断絶後にその所領を獲得したハプスブルク君主国の支配を受けた。

三十年戦争1618年 - 1648年)では、1620年には白山の戦いでハプスブルク軍相手にたった半日で敗北した結果、チェコのスラヴ人貴族は完全に根絶され、ドイツ人貴族のみとなった(チェコ貴族の入れ替え)。ヨハン・アモス・コメニウスの属した共同生活の兄弟団というプロテスタントの一派が三十年戦争でこの地を追われ、二度とここに戻ってくることができなかったことはヨーロッパ精神史の中でよく知られた事件である。三十年戦争後期にスウェーデンに占領された。1648年ヴェストファーレン条約によってハプスブルクに返還され、絶対王政下に置かれた。しかし、この戦争を経て、金融センターであるイギリスとオランダへ接近したことには注意が必要である。

19世紀にはオーストリア帝国の一部となった。19世紀前半にはチェコ人の民族運動が盛り上がって次第にドイツ人から自立しようとする動きが高まった。1899年、ボヘミアはモラヴィアをともないオーストリア・ハンガリーに反乱した。翌年にかけてウィーン手形交換所はその交換総額を倍以上に増やした。

[4]前ページ
(2.5.ルクセンブルク家)
[6]次ページ
(2.7.チェコスロバキア)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/09/09 18:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/28 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位住吉会
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant