サービス終了のお知らせ
ボヘミアニズム
▼人気記事ランキング
2.ボヘミア
2.2.現在
ニューヨーク: イースト・ヴィレッジウィリアムズバーグ
ワシントンデュポンサークル
モントリオールマイルエンド
トロントクイーンストリートウェストザ ジャンクションケンジントンマーケット
シドニーニュータウン
メルボルンフィッツロイ
アデレード:ノース・アデレード英語版
なお、アムステルダムプラハなど、一つの大都市そのものを総体的にボヘミアと呼ぶこともあるが、これは「ボヘミア」という表現の本来の語義にはあたらない。また日本では下北沢原宿など、いわゆる若者カルチャーの発信地を比喩的にボヘミアと呼ぶこともあるが、これも「ボヘミア」本来の語義にはあたらない。

[4]前ページ
(2.1.過去)
[6]次ページ
(3.ネオ・ボヘミアニズムの興隆と衰退)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/04 19:31
ソ人気記事ランキング
2020/03/28 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位玉木玲
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant