ボカラトン
▼人気記事ランキング
4.文化と呼び物
ボカラトンはその裕福な地域社会と高収入の人々がいることで知られている。ボカラトンにはユダヤ人南アメリカ人が多い。南アメリカ人の中にはブラジルコロンビアおよびベネズエラの出身者が多い。

ボカラトンにはアフリカU.S.A.(1953年-1961年)と古代アメリカ(1953年-1959年)という2つのアミューズメントパークが過去にあった。アフリカU.S.A.は、観光客が「ジープ・サファリ・トレイン」に乗って公園内を回る野生動物公園だった。「ジープ・サファリ・トレイン」に乗っている観光客と動物達を遮るフェンスは無かった[16]。そこはボカラトン・ホテルの西1マイル (1.6 km) でカミーノ庭園の一部となっている。古代アメリカは実際のインディアン・マウンドを取り巻いて建設された。今日このマウンドはヤマト道路に近いアメリカ国道1号線沿い、ボカ・マリーナ・アンド・ヨットクラブ地区内で見ることができる[17]

ボカラトンにはフロリダ州南部では最長の興行実績を誇るコールドウェル劇団があり、サウスフェデラル・ハイウェイ沿いに最近開館されたカウント・デ・ヘルンレ劇場で34回目のシーズンを祝った[18]

[4]前ページ
(3.1.収入)
[6]次ページ
(4.1.犯罪と議論)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/06/15 18:31
ソ人気記事ランキング
2019/08/23 更新
 1位日本
 2位山本美香
 3位名古屋小6受験殺人事件
 4位8月22日
 5位玄倉川水難事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant