サービス終了のお知らせ
ボリス・ペルガメンシコフ
▼人気記事ランキング
概要
ボリス・ペルガメンシコフ: Борис Миронович Пергаменщиков, : Boris Mironovich Pergamenshchikov, 1948年8月14日 レニングラード - 2004年4月30日 ベルリン)は、旧ソ連出身のロシア人チェリスト

生涯[編集]

6歳でサンクトペテルブルク音楽院にてエマニュエル・フィッシャマンに入門し、チェロと作曲の学習を開始する。1970年にプラハの春国際音楽コンクールにて優勝し、1974年にモスクワチャイコフスキー国際コンクールにおいて覇者となる。音楽活動は急速に開かれてゆき、協奏曲室内楽の演奏に活躍した。

ギドン・クレーメルとともにオーストリアのロッケンハウス音楽祭に定期的に出演した。1977年に西側に脱出し、1982年に米国に、次いで日本にデビューする。

現代音楽の熱烈な擁護者として、折りに触れてはドミトリー・ショスタコーヴィチヴィトルド・ルトスワフスキアルフレート・シュニトケアンリ・デュティユーソフィヤ・グバイドゥーリナジェルジ・クルタークらの作品を上演し、作曲者自身と共演することもあった。シャンドス・レーベルにおけるデュティユーのチェロ協奏曲『遥かなる遠い国へ』はディアパソン・ドール賞に輝き、2001年には、トルルス・モルクやハンナ・チャンとともにシャルル・デュトワ指揮NHK交響楽団と共演して、クシシュトフ・ペンデレツキの『3つのチェロのための合奏協奏曲』を上演した。

1977年から1992年までケルン音楽高等学校で教鞭を執り、1998年から2004年までバーゼル音楽院ならびにベルリンハンス・アイスラー音楽大学でも教壇に立った。

2004年、により急逝。55歳だった。

弟子に石坂団十郎、クラウディオ・ボルケス(ジュネーヴ国際音楽コンクール第1位、カザルスコンクール優勝)[1][2]がいる。

愛器は1735年製のドメニコ・モンタニャーナであった。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

Boris Pergamenschikow Discography - Discogs
出典:Wikipedia
2018/11/08 23:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/22 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant