チベット語
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
チベット語(チベットご)は、ユーラシア大陸の中央、およそ東経77-105度・北緯27-40度付近で使用されているシナ・チベット語族(漢-蔵系)のチベット・ビルマ語派チベット諸語に属する言語
形態論において孤立語に分類されるが膠着語的な性質ももつ。方言による差はあるが、2種ないし4種の声調をもつが、声調が存在しない方言もある。なお古典チベット語には声調は存在しなかったとされる。チベット高原における約600万人、国外に移住した約15万人のチベット人母語として使用している。
ラサ方言を含む中央チベット方言カム・チベット方言アムド・チベット方言は通常は同一の言語の方言とみなされ、この3方言を総称してチベット語といわれる。特にラサ方言は標準チベット語と呼ばれる。本記事は標準チベット語を中心に記述するが、他方言についても言及する。
チベット語に含まれない周辺のチベット系言語についてはチベット諸語を参照。
目次
1.文字
2.発音
├2.1.子音
├2.2.母音
└2.3.声調
3.文法
4.方言
5.転写方式
6.関連項目
7.脚注
8.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/10/13 02:00
ソ人気記事ランキング
2019/10/14 更新
 1位日本
 2位狩野川台風
 3位ジョンベネ殺害事件
 4位三浦和義
 5位10月13日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant