チャバカノ語
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
チャバカノ語(サンボアンガ・チャバカノ語、チャヴァカノ語)はフィリピン各地、特にルソン島カヴィテ市やミンダナオ島南西部のサンボアンガ市周辺で話される、マレー系言語とスペイン語とのクレオール言語。「チャバカノ語」は、スペイン語で「下品な」「趣味の悪い」などを意味する形容詞「Chabacano」がもとになっており「Chabacano language」と表記されることもあるが、文章やメディア、あるいはサンボアンガ市の話者の間では、正式には「Chavacano language」と表記される。
チャバカノ語はアジア唯一のスペイン語が基になったクレオール言語である。また400年以上にわたり生き延びてきた世界最古級のクレオール言語でもある。フィリピンの言語の中ではオーストロネシア語族に属さない唯一の言語であるが、一方でマレー・ポリネシア語派の共通の特徴である畳語などオーストロネシア語族の要素も併せ持つ。
目次
1.話者の分布
2.チャバカノの形成
3.脚注
4.関連項目
5.外部リンク
出典:Wikipedia
2017/09/15 04:01
ソ人気記事ランキング
2019/08/17 更新
 1位島田さくら
 2位日本
 3位玄倉川水難事故
 4位雅樹ちゃん誘拐殺人事件
 5位吉展ちゃん誘拐殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant