タミル語
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
タミル語(タミルご、????? Tami?)は、ドラヴィダ語族に属する言語で、南インドタミル人の言語である。同じドラヴィダ語族に属するマラヤーラム語ときわめて近い類縁関係の言語だが、後者がサンスクリットからの膨大な借用語を持つのに対し、タミル語にはそれが(比較的)少ないため、主に語彙の面で異なる。インドではタミル・ナードゥ州公用語であり、また連邦レベルでも憲法第8付則に定められた22の指定言語のひとつであるほか、スリランカシンガポールでは国の公用語の一つにもなっている。世界で18番目に多い7400万人の話者人口を持つ。1998年に大ヒットした映画『ムトゥ 踊るマハラジャ』で日本でも一躍注目された言語である。
「タミール語」と呼称・表記されることもあるが、タミル語は母音の長短を区別する言語であり、かつ Tami? の i は明白な短母音である。そのため、原語の発音に忠実にという原則からすれば明らかに誤った表記といえる。タミル(Tami?)という名称は、ドラミラ Drami?a(ドラヴィダ Dravida)の変化した形という説もある。Tami? という単語自体は sweetness という意味を持つ。
なお、ドラヴィダとは中世にサンスクリットで南方の諸民族を総称した語で、彼らの自称ではなく、ドラヴィダ語族を確立したイギリス人宣教師ロバート・コールドウェルによる再命名である。
目次
1.地域
2.歴史
3.文字
4.発音
5.文法
├5.1.品詞
└5.2.数詞
6.他言語からの影響
7.日本語クレオールタミル語説
8.タミル映画と日本での認知
9.その他
10.脚注
11.関連書籍
12.関連項目
出典:Wikipedia
2019/07/04 20:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/25 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位唐田えりか
 4位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant