タクシー
▼人気記事ランキング
7.タクシーに使用される主な車種
イエローキャブフォード・クラウンビクトリアトヨタ・シエナなど
ニューヨーク市は、2013年までに全車両を日産NV200バネットに統一する計画である
※1970年代後半から80年代にかけてプジョー・504、505、また1990年代後半にはいすゞ・オアシスホンダ・オデッセイ(初代)のバッジエンジニアリング車)が採用されたことがあるが、耐久性の面で難があった事からいずれも早期に廃車となった。

トヨタ・カムリ、トヨタ・シエナ、トヨタ・プリウスホンダ・シビックフォード・トーラスなど
ロンドンタクシー
アンバサダースズキ・スイフトディザイア
フォード・ファルコン (オーストラリア)、ホールデン・ステーツマン、ホールデン・コモドアトヨタ・ハイエーストヨタ・カムリなど。近年はトヨタ・プリウス/プリウスVも多く見かける。
トヨタ・クラウンコンフォートヒュンダイ・ソナタが多く使用されている。ホンダ・エアウェイブトヨタ・ウィッシュメルセデス・ベンツ・Eクラスクライスラー・300などもある。過去にはトヨタ・コロナ日産・セドリックもあった。
セアト・トレド、セアト・アルテア、シトロエン・C5プジョー・407、トヨタ・プリウスなど
バルセロナでは黒と黄色に車体色が統一されている。
トヨタ・カローラやサームロー(トゥクトゥク) - いわゆる三輪タクシーなど
メルセデス・ベンツEクラスフォルクスワーゲン・パサートなど
ルノー・ラグナルノー・メガーヌセダン、プジョー・407など。フォルクスワーゲン・トゥーランプジョー・3008メルセデス・ベンツ・GLKクラスなどもみられ、多種多様。
ボルボ、メルセデス・ベンツ・Eクラスなど
GAZのヴォルガを使用している場合が多く、車体は黄色に塗られている。無線予約が可能なタクシー会社も存在しているが、需要に対してタクシーの台数が少ない事から、一般車のドライバーと料金交渉の上でタクシーとして利用する、いわゆる「白タク」の利用が一般的である。
ヒュンダイ・ソナタルノーサムスン・SM5/SM6キア・K5などの中型車。尚、いずれにもLPG仕様のエンジンを搭載したタクシー専用車両がカタロググレードとして用意されている。また、一時期ルノーサムスン・SM3 Z.E.EVタクシーがカタロググレードに設定されていたことがあるが、これは世界的に見ても珍しいケースである。
法令により、最長個人9年、法人6年運用可能であり、2400cc以上は追加2年運用可能である。登録後10年近く経過している車両は一部。
模範タクシー(=????、通常のものよりクラスが上)の場合、以下のように高級車種が多い。
ヒュンダイ・グレンジャーヒュンダイ・ダイナステイキア・K7サンヨン・チェアマンなど
フォルクスワーゲン・サンタナフォルクスワーゲン・ジェッタヒュンダイ・エラントラヒュンダイ・ソナタシトロエンZXダイハツ・シャレードなど。近年はフォルクスワーゲン・トゥーランが急増している。また、上海にはフォルクスワーゲン車だけを保有する「大衆(フォルクスワーゲン)タクシーグループ」なるグループも存在する。
トヨタ・コンフォート (新旧併せて99%)、日産・セドリックセダン - 日本と同じく窓に日本語で「自動ドア」の表示がある。もちろん、運転手がドアを開けることができるが、実際は乗客が自分で開閉することが多い。また、近年はトヨタ・プリウストヨタ・ノアフォード・トランジット日産・NV200などの導入もある。
タクシーの色は、営業区域ごとに色分けされている - 香港島及び九龍九龍地区:赤、新界地区:緑、ランタオ島地区:水色。すべて屋根は銀色。
2001年まではディーゼルエンジンを使用した車が中心であったが、香港政府がその年にLPガス使用車以外の使用を禁止する方針を打ち出した為、ディーゼル車は次第に置き換えられ、現在ではLPガス車やガソリン車のみ使用されている。また、日産車は2005年で香港への輸出をいったん終了した為、新たに導入される車はトヨタ車のみであったが、2014年から再び日産車が導入されている。なお、トヨタ車も引き続き導入されている。
車両は全部新車として購入されているが、日本のタクシーの中古パーツも使われて、初乗り660円のステッカーが窓に残ったままの車や日本からの流用ボディもあった。
一部にヒュンダイ・ソナタがあるほか、大部分がトヨタ・カローラである。2012年からトヨタ・カムリハイブリッドトヨタ・アルファードトヨタ・ノアトヨタ・アベンシスフォード・モンデオフォルクスワーゲン・キャディルノー・ラティテュードなどの新車種が導入されている。
トヨタ・カローラ、トヨタ・カムリ、トヨタ・ウィッシュトヨタ・シエンタトヨタ・RAV4日産・ティアナ日産・リヴィナ三菱・ランサー/ランサーフォルティス/グランドランサー、三菱・アウトランダーなど
全て黄色に塗装されており、簡単に見分ける事が出来る。台北地区で約3万1千台もの車両が営業しており、整備状態の良くない個人営業車も多いが、大手グループの営業車は、トヨタ・カムリなどのグレードの高い車を使用し、車内外ともに良く整備され、車内に花を飾るなどして、利用客が快適に利用出来る様にしている。また電話呼出しに応じている会社も多い。
なおこれらの他にも、個人タクシーやタクシー会社ごとの方針などにより他の車種を利用している場合もある。例えば、東京都内では、トヨタ・クラウンアスリートメルセデス・ベンツSクラスBMW・7シリーズを利用した個人タクシーが実際に営業している。

[4]前ページ
(6.日本のタクシー)
[6]次ページ
(9.脚注)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/20 01:00
ソ人気記事ランキング
2020/01/25 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位唐田えりか
 4位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant