サービス終了のお知らせ
タンパク質
▼人気記事ランキング
2.構造
2.6.一次構造と高次構造の関係
タンパク質の立体構造は、そのアミノ酸配列(一次構造)により決定されていると考えられている(Anfinsenのドグマ)。また、二次以上の高次構造は、いずれも一次構造で決定されるアミノ酸配列を反映している。例えば GluAlaLeu が連続するとαヘリックス構造をとりやすい。IleValMetはβシート構造をとりやすい。また各構造の継ぎ目の鋭角なターンの部分には GlyProAsn が置かれる、などの例がある。さらに、疎水性アミノ酸残基同士は引き合い(疎水結合)、Cys 同士はジスルフィド結合を形成して高次構造を安定化させる。

[4]前ページ
(2.5.四次構造)
[6]次ページ
(2.7.プロテオーム)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/18 09:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/28 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位住吉会
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant