タタールのくびき
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
タタールのくびき(タタールの軛)またはモンゴル=タタールの軛(モンゴル=タタールのくびき、ロシア語: Монголо-татарское иго英語: Tataro-Mongol Yoke)とは、13世紀前半に始まったモンゴルのルーシ侵攻とそれにつづくモンゴル人モンゴル=タタール)によるルーシ(現在のロシアウクライナベラルーシ)支配を、ロシア側から表現した用語である。現在のロシア人などの祖先であるルーシ人のモンゴル=タタールへの臣従を意味するロシア史上の概念である。
目次
1.概要
2.モンゴル人のロシア支配
3.「タタールのくびき」の内実
├3.1.間接統治とヤルリイク
├3.2.宗教政策
├3.3.ダルーガとバスカク
└3.4.駅伝制度
4.モンゴル支配からの脱却
5.ルーシ社会への影響と歴史的意義
6.脚注
├6.1.注釈
└6.2.出典
7.参考文献
8.関連項目
9.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/05/29 15:00
ソ人気記事ランキング
2019/09/20 更新
 1位日本
 2位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 3位熊谷連続殺人事件
 4位9月19日
 5位逆鉾昭廣
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant