サービス終了のお知らせ
ターロック・オキャロラン
▼人気記事ランキング
概要
ターロック・オキャロラン: Turlough O'Carolan: Toirdhealbhach ? Cearbhall?in1670年 - 1738年3月25日)は、アイルランドの伝説的な盲目のハープ奏者にして作曲家である。今日知られているだけで200を超える曲を遺し、アイルランドに於て「国民的作曲家」「アイルランド最後の吟遊詩人」と称せられている。彼の哀愁を誘う作風は、広くかの国民に愛され、今もなお多くの人に弾き継がれている。

1670年にミース州、ノッバー(Nobber)の近くに生まれる。隣町のクルーズタウン(Cruisetown)にある学校に通学していたが、鍛冶屋であった父親がロスコモン州バリーファーノン(Ballyfarnon)に鉄工所を所有するマクダーモット・ロー(MacDermott Roe)家に雇用されると、14歳で家族と共にそちらに移住。しかし、マクダーモット・ロー家の庇護の下、変わらずその学校に通い続けることが出来た。若くして詩才の片鱗を見せるものの、18歳で天然痘のために失明した。当時、視覚障害では稼ぎの多い仕事に就くことは困難であったが、彼は次第に音楽、特にハープの演奏に傾倒。マクダモット・ロー夫人は彼を地元のハープ奏者の見習にし、3年後、十分に職業音楽家となる準備が出来たと思われたとき、夫人はハープと馬、介添人をカロランに与え、旅に送り出した。彼はその後、アイルランド各地を旅し、ほぼ50年に渡り土地土地の雇い主のための歌を作り歩いた。

略称では英語式にオキャロラン、あるいはアイルランド語に近いオ・カロランなどと読まれることが多いが、「? 〜」は本来「〜の孫(子孫)」を意味するアイルランド語ゲール語)の姓の形式であり、アイルランド語では姓のみを呼ぶときには省いて称する。近年は日本でもアイルランド語の発音・慣習に従って、トゥールロホ・オ・カロラン:略称カロランとする表記・呼称も増えてきた。

1720年、ファーマナ州のメヌリー・マグワイアと結婚。彼らはレイトリム州のモビル(Mobill)近くの小さな農園に住み、六人の娘と一人の息子をもうけた。メアリー・マグワイアは1733年に亡くなったが、その時、カロランは彼女の死を悲しむ素晴らしい哀歌を書いている。

1738年、最も恩義のあったマクダーモット家に帰り、最期を迎える。彼の死後4日間、ハープ奏者や地元の友人たちが集い、大規模な別れの宴が催された。死後5日目に葬儀が行われ、キルロナン墓地にある、マクダーモット・ロー家の墓所に葬られた。

1976年から発行されていたアイルランドの50ポンド紙幣に肖像が使用されていた。

代表作[編集]

彼が作る曲は、主にパトロンの求めに応じて作ったり、パトロンの記念日、例えば結婚式などで自発的に作曲して贈る、あるいは友人のために作るというふうに、特定の人に向けられたものが多い。こういった曲を、カロランはプランクスティー(planxty)と命名していた。

エレナー/エレノア・プランケット (Eleanor Plunkett)
キャロランのコンチェルト (O'Carolan's Concerto)
音楽への別れ (Farewell to music)
シーベグ・シーモア (S? Bheag, S? Mh?rSheebeg and Sheemore)

外部リンク[編集]

ターロック・オキャロランの楽譜 - 国際楽譜ライブラリープロジェクトPDFとして無料で入手可能。
出典:Wikipedia
2020/01/20 01:00
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant