サービス終了のお知らせ
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (日本)
▼人気記事ランキング
概要
株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (Sony Pictures Entertainment (Japan) lnc.) は、映画などに関する事業を行うソニーグループの企業であり、米国ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントソニー)の日本支社である[2]。略称は「SPE」・「SPEJ」。

概要[編集]

1991年に、コロンビア映画の配給を担当していた「コロンビア トライ・スター映画」、同社のビデオソフトを販売する「アール・シー・エー・コロンビア・ピクチャーズ・ビデオ株式会社」、テレビ局向け映画・テレビ番組配給会社の「日本国際エンタープライズ」の3社が統合し、発足した。

沿革[編集]

下記の通り、現在の社名となったのは1991年だが、アール・シー・エー・コロンビア・ピクチャーズ・ビデオ株式会社の法人格を引き継いでいるため、会社案内における設立年は1984年となっている。

1933年 - コロンビア映画日本支社が設立(後にコロンビア トライ・スター映画となる)。
1960年 - 日本国際エンタープライズ株式会社が設立。
1984年2月10日 - RCA/Columbia Pictures International Video(コロンビア映画とRCAレコードの合弁会社)の日本法人として、アール・シー・エー・コロンビア・ピクチャーズ・ビデオ株式会社(RCAコロンビア)が設立。1986年にはポニー(現:ポニーキャニオン)と契約[3]、ビデオソフトは同社から発売されていた。
1989年 - ソニーコロンビア映画(米国法人)を買収。
1991年 - RCAコロンビア、コロンビア トライ・スター映画、日本国際エンタープライズの3社を統合し、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (SPEJ) となる。
1997年1月 - ソニー・ミュージックエンタテインメント (SMEJ) との共同出資により、株式会社SPE・ビジュアルワークスを設立。
1998年5月20日 - ソニー・ピクチャーズテレビジョン・ジャパン(SPTVJ)、合弁により株式会社アニマックスブロードキャスト・ジャパンが設立。
2001年12月1日 - SPEJとSPTVJが合併。
2003年8月1日 - SPEJより会社分割により株式会社AXNジャパン設立。
2008年11月4日 - 株式会社ミステリチャンネルの全株式を取得。
2017年3月31日 - 三井物産と共同出資による持株会社、株式会社AK Holdingsを設立し、SPEJ系のアニマックスと三井物産系のキッズステーションを傘下にして経営統合。

製作に参加したアニメ作品[編集]

2008年からはアニメ作品の製作に本格的に参入し、1クール当たり1作品がテレビ放映されている[4]。2011年4月にはオリジナルアニメーション映画鬼神伝」がアニプレックスでは無く当社より製作・配給されている(SMEJも製作参画)[5]

『アストロボーイ・鉄腕アトム』以外は全て製作委員会に出資する方式で参加し、DVDは全て自社から販売している[6]

作品名の後はテレビ放映された期間もしくは封切月。

アストロボーイ・鉄腕アトム(2003年4月 - 2004年3月)
人造昆虫カブトボーグ V×V2006年10月 - 2007年9月)
ペルソナ 〜トリニティ・ソウル〜(2008年1月 - 6月)
ウルトラヴァイオレット Code:044(2008年7月 - 9月)
黒塚 KUROZUKA(2008年10月 - 12月)
VIPER'S CREED2009年1月 - 3月)
戦場のヴァルキュリア(2009年4月 - 10月)
宙のまにまに(2009年7月 - 9月)
アイアンマン2010年10月 - 12月)
ウルヴァリン2011年1月 - 3月)
X-MEN(2011年4月 - 6月)
鬼神伝(2011年4月)
ブレイド(2011年7月 - 9月)
デスマーチからはじまる異世界狂想曲2018年1月 - 3月)
こみっくがーるず(2018年4月 - 6月)
ムヒョとロージーの魔法律相談事務所(2018年8月 - 10月)
ゴブリンスレイヤー(2018年10月 - 12月)
ノー・ガンズ・ライフ(2019年10月 - )

テレビ放映に関する特記事項[編集]

以下の事項は、『アストロボーイ・鉄腕アトム』を除く大半の作品に該当する(各作品のページも参照のこと)。

放映上の基幹局はソニー・ピクチャーズ エンタテインメントが筆頭株主のアニメ専門チャンネルアニマックスで、2007年12月に開局して間もなかったBS11にも現在に至るまで全作品がネットされている。原則として、テレビ放映は以上の2局のみである。
ただし、『ペルソナ 〜トリニティ・ソウル〜』と『戦場のヴァルキュリア』は独立U局を中心とした地上波各局にもネットされた(幹事局は何れもTOKYO MX)。なお、近畿地方では同じソニーグループのソニー・放送メディアが大株主である毎日放送(MBS)で放映され、同社の公式ホームページ内には各作品をとり上げたページも作られている[7]
何れの作品も第1話の放送前週に事前特番が放映されている。ただし『ペルソナ 〜トリニティ・ソウル〜』と『ウルトラヴァイオレット』はBS11のみの放映だった[8]
BS11では作品の放映完了後に再放送が行われたことはないが、アニマックスでは放映から数か月後以降を中心に度々行っている。
ただしBS11では2008年10月から予定されていた『かんなぎ』の放映が急遽キャンセルされたため[9]、その穴埋めの一つとして『黒塚 KUROZUKA』の事前特番を再放送したことがある。ちなみに、『かんなぎ』は同じソニーグループのアニプレックスA-1 Picturesが製作に参加している作品である。
系列会社であるアニマックスが製作に協力した作品全般(DVD版が当社以外のソフトメーカーから発売されているものも含む)については、こちらを参照のこと。

脚注[編集]

出典:Wikipedia
2020/03/17 12:01
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant