サービス終了のお知らせ
ソグド人
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ソグド人(そぐどじん、: sogd)は、中央アジアザラフシャン川流域地方に住んでいたイラン系ペルシア系)のオアシスの農耕民族[2]。また、商業を得意として定住にこだわらず、シルクロード周辺域の隊商をはじめとして多様な経済活動を行った[2]。ソグド語はイラン語派に属するが、ソグド人は隊商のことをイラン語系のキャラヴァンではなく、サールトと呼んだ。これはサンスクリット語のサールタ(?????)に由来しており、インドの商人がソグド人と同じかそれ以前から活動していた可能性を示している[2]
ソグド人はアケメネス朝の支配下にあった頃より交易に従事した。マケドニア王国アレクサンドロス3世の征服や、その後のグレコ・バクトリア王国支配下においても交易を続けた[3]クシャーナ朝エフタル突厥と、たびたび遊牧国家の支配を受け、その都度支配者が変遷したが、ソグド人は独自の文化を維持した[4]ソグド語ソグド文字を使い、宗教的にはゾロアスター教を信仰したほか、2世紀から3世紀にかけては中国に仏教を伝えた。6世紀から7世紀にはマニ教とキリスト教のネストリウス派を中国やテュルク人に伝え、東方のイラン系精神文化も中国にもたらした[3]。活動範囲はビザンツ帝国から長安にまで及んだが、イスラム勢力の台頭によりイスラム化が進み、12世紀にはその民族的特色は失われた。ソグディアナはウズベク人の南下によるテュルク化が進んでいき、中国では漢人の文化に同化していった[3]
目次
1.地理・活動範囲
2.政治
3.歴史
├3.1.アケメネス朝
├3.2.ヘレニズム国家
├3.3.遊牧国家
├3.4.トゥルファン・敦煌
├3.5.
├3.6.イスラム王朝
└3.7.同化
4.身体的特徴
5.文化
├5.1.言語
├5.2.ソグド姓
├5.3.宗教
└5.4.芸能
6.ソグド人の商品
├6.1.
├6.2.
├6.3.奴隷
├6.4.香料・香木
├6.5.金銀器・琥珀
├6.6.硬貨
├6.7.金融
└6.8.
7.他民族との関係
├7.1.ホラズム人
└7.2.ウイグル人
8.研究の歴史
9.関連年表
10.ソグド人が登場する作品
11.関連項目
12.出典・脚注
├12.1.注釈
└12.2.出典
13.参考文献
└13.1.日本語文献(五十音順)
14.関連文献
出典:Wikipedia
2019/10/26 10:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/27 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位住吉会
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant